お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年5月18日

6567:明治通りのバイパスが一部トンネルで出来る

7_25-kan6-bypass-map12

代々木駅の東側あたりに、明治通りのバイパスが一部トンネルで出来る。
[左]東京都が都市計画道路として定めた「環状第5の1号線」の概要。2004年12月時点の資料から抜粋。大部分は明治通りとして既に開通している。点線は事業中の区間で、拡幅工事などが進められている(資料:東京都)
[右]新宿駅周辺の明治通りと御苑通りの位置(資料:東京都などの資料を基にケンプラッツが作成)

明治通りのバイパスを整備することで、走行時間の短縮などによって2000億円以上の経済的な効果が見込まれるという。約800mの区間の用地買収や工事に投じる総事業費は670億円ほど。道路を2層構造にすることで当初よりも費用は増えるものの、新宿御苑の希少な樹木の群落を守れたことは大きい。

清澤の感想:この工事の570億に比べて国立競技場の1280億は少なく見える。用地買収費用が掛からないからだろう。

Categorised in: 未分類