お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年3月23日

6397:リーマン・ブラザーズ 最後の4日間:のドラマを見ました。

images68VGPIRT
リーマン・ブラザーズ 最後の4日間

これはBBCがリーマンブラザースの破綻を題材にして作った1時間物のテレビドラマなのですが、HULUで視聴しました。大きな経済事件で有ったことは理解できているのですが、その詳細を振り返って切るのは良い作品だと思います。リーマンブラザースの社員が私物を詰めた段ボール箱を手に会社を出てゆくテレビの映像は今も覚えています。韓国を除くアジア地域、欧州地域及び中東地域は野村ホールディングスが買収に合意し、アジア部門を米ドルで2億2500万ドル、欧州部門はわずか2ドルで買収しましたが、人件費負担など買収後の対応に巨額の資金を要し、海外事業部門は野村の経営の重荷となっていったそうです。

◎映画についていた短評:2008年9月12日金曜日、米国第4位の規模を持つ証券会社/投資銀行リーマン・ブラザーズのNYC本社に激震が走る。前年に発覚したサブプライムローン問題の影響で、6~8月期の純損失が39億ドルに達したのだ。倒産までの4日間、経営陣は政府などに救済を求めながら社の延命をめざしたが、株価の急落を止めることはできなかった。その背後には金融界や米政府の様々な思惑がうごめいていた…。

◎リーマンショックから1年の時点での、ファラ・ネイエリ氏、ブルームバーグ・ニュースのライターの評論が出ていました。原題:Lehman Brothers Collapses All Over Again in BBC Drama: Review リーマン破たんの一部始終を再現、BBCの1時間ドラマ
“The Last Days of Lehman Brothers”

 2008年9月・・。米証券大手 リーマン・ブラザーズ・ホールディングスのリチャード・ファルド最高経営責任者(CEO、当時)は考えられない行動を取っていた。リーマンの破産申請に備えた書類の準備を弁護士に依頼していたのだ。

「政府がリーマンをつぶすはずはありませんよ」、信じられない面持ちのハービー・ミラー弁護士は、マンハッタンを見下ろす31階のファルド氏のオフィスに足を踏み入れながら答える。「アメリカ合衆国政府がつぶれるようなものです。ローマ市がバチカン市国を日本に売ってホテルを建てさせ、法王様をポーターに雇うようなものです」。

その数日後、ミラー氏はリーマンの従業員らが私物を段ボールに詰めて、次々とオフィスを去っていく姿を痛ましげに眺めていた。ーー

◎髪が薄くなり始め顔はむくみ気味のファルドCEOは電話に向かってうなり声を上げている。「どいつもこいつもわが社の株を売っている。まだ気が済まないのか」。

○ニューヨーク連銀
ニューヨーク連銀の役員室ではガイトナー総裁(現米財務長官、アレックス・ジェニングス)がウォール街のCEOらを集め、リーマン救済を打診している。初回の会合にはポールソン財務長官(ジェームズ・クロムウェル)も出席している。

ポールソン長官はリーマン救済を断固拒否。「リーマンを救済するための公的資金はない」と宣告する。

○ファルドCEOは生き残りをかけてあらゆる手を尽くす。米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)に身売りを持ちかけ、英銀バークレイズにも必死で助けを求める。ポールソン長官に電話をかけると、「提案はあったのに、価格が安過ぎるといって君が断った」と言われる。 (清澤のコメント:倒産する直前会社の社長は皆こんな目に合うのでしょう。)

○サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンで買った家を差し押さえられたザックの妹も登場し、自分が返せない住宅ローンが債務担保証券(CDO)になって売りさばかれ巨額の利益を生んでいる皮肉を強調する。(清澤のコメント:この部分の説明は秀逸です。)

ドラマはザックの独白で終わる。「彼らの前も、彼らの後も、彼ら以外は全員が救済された」。(清澤もコメント:この発言は事実だったのでしょうか?ショックの広がりは大きかったとは思うのですけれど。*1)

(ファラ・ネイエリ氏はブルームバーグ・ニュースのライターです。この評論の内容は同氏自身の見解です)

原題:Lehman Brothers Collapses All Over Again in BBC Drama: Review (抜粋)

*1:日本では:1990年代後半に深刻化した金融システム危機に対応するために、政府は銀行に公的資金を注入、銀行が発行する優先株や劣後債の引き受け、劣後ローンなどに投入し、銀行の資本増強を図った。98年3月から2003年6月までに、金融機能安定化法に基づく1兆8156億円、早期健全化法に基づく8兆6053億円、預金保険法(危機対応)に基づく1兆9600億円の総額12兆3809億円が注入された。

Categorised in: 未分類