お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年3月19日

6381:疲れ目を解消「眼ヨガ」で疲れ知らず!;だそうです

 疲れ目を解消「眼ヨガ」で疲れ知らず! だそうです。
 この記事でインタビューに答えているお一人は旧知の眼科医後藤先生。眼精疲労は毛様体筋の過緊張と述べています。これはまず納得。
 次に眼ヨガを紹介しているのが、龍村ヨガ研究所の龍村修さん。漢方とかヨガというのはなかなか学問としては体系化されにくいものですから、私にはその成否は論じにくいのですけれど。漢方の経絡というのも場所によっては神経が表面に現れる点とか、特定の筋があるところという説明もできるそうですが、基本的にはそういう事ではないのだそうですね。
 私が、今回この図を見て思ったことは、滝村さんの提唱するツボが、顔面けいれんで眼周囲にボトックスを打つポイントととてもよく似ているという事。

is_w400_h222_ph2まずは、滝村先生の推薦するツボがこの諸点。

images
次にこれが眼瞼痙攣でボトックス注射を置くべき点として薬剤の公式な説明文書に記載されている諸点です。上瞼の中央にボトックスを置くと眼瞼下垂が起きやすいので其処にはボトックスは置きません。眼頭および目尻は上と下の眼瞼に分けて注射していますが、上下合わせてみれば似た辺り。このほか眉間皺を起こす皺鼻筋にも良くボトックスは置きますから、ここもヨガのツボと共通ですね。

ボトックスは比較的浅い皮膚内に打つのですが、ヨガで押して刺激するのはどの深さなのでしょうか?読者諸氏はこの両者が似ているとお思いにはなりませんか。

ーーーーー
疲れ目を解消「眼ヨガ」で疲れ知らず! 2015年3月19日
(日経ウーマンオンラインhttp://wol.nikkeibp.co.jp/article/special/20150310/201991/?P=2&ST=health&n_cid=nbpwol_else)

目のまわりを「押す」だけでも目が軽くなる!

日中は長時間のパソコン作業、電車ではスマホ画面を見つめ、夜には目がしょぼしょぼ……。

そんな目の疲れは、目の筋肉が凝り、血流が悪くなっているのが原因。

「眼ヨガ」で、目の疲れを、気持ち良く解消しましょう。

 「疲れ目とは、近くばかりを見ていることによって、目のピント調整を行う毛様体筋が緊張して凝った状態」と後藤眼科医院の後藤英樹院長。しかも、「モニターを凝視すると視線を動かさないため、眼球運動に関わる筋肉も凝り固まる」(後藤院長)。つまり、疲れ目は、目の筋肉の「凝り」というわけだ。だから、目の血流アップがカギとなる。

 これに最適なのが、龍村ヨガ研究所の龍村修さんが提唱する「眼ヨガ」だ。息を吐きながら目の周囲を押したり、肩や首を動かしながら目を回して血流をアップする。しかも、「足裏のように、目の周囲は、体のほかの部位とも関連するので、ほぐすことで体全体に働きかけられる」と龍村さんはいう。

目のまわりを「押す」
オフィスでもOK!5点押しで目が軽くなる!

押すだけで、疲れ目が改善し、視界がクリアに!「 頭痛や内臓、手足の疲れにも効く」(龍村さん)。ただ、「眼球は決して押さないように」(後藤院長)。

「眼ヨガ」5点押し

(1) 首の凝りにも効く
眉間押し
親指と人さし指で眉間をつまみ、ひと息吸って口から吐きながら軽く押す。息を吸ってゆるめて終わる。さらに位置をずらしながら眉間全体を同様に行う。右手で10回、左手で10回。

(2) 腕のだるさにも効く
目の内側押し
目の内側のくぼみを親指と人さし指でつまむ。ひと息吸って吐きながら軽く押す。息を吸ってゆるめて終わる。位置をずらして内側全体を押して、右手で10回、左手で10回。腕の疲れにも効く。

(3) 頭の疲れも解消!
目の上側押し
眼球の上のくぼみ上の間に両手親指を当てる。ほかの指は額に当てて支え、ひと息吸って吐きながら親指で骨を上方向へ押す。少しずつずらして上側全体を押す。10回ずつ2セット。

(4) 脚の疲れもスッキリ!
目の外側押し
左右の人さし指を眼球の外側のくぼみに引っ掛けるように置く。ひと息吸って吐きながら外側に引っ張るように押す。位置をずらしながら10回ずつ2セット。脚の血流アップ効果もある。

(5) イライラや腸の疲れにも
目の下側押し
左右の人さし指を眼球の下側のくぼみに引っ掛ける。ひと息吸って吐きながら下方向へ押す。位置を少しずつずらしながら、10回ずつ2セット。イライラのほか、腸や肝臓の疲れにも。
ーーーーー

Categorised in: 未分類