お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年3月2日

6324:エクスペンダブルズとその続編を見ました。

エクスペンダブルズとその続編を数日かけて、HULUで見ました。ウィキペディアの記載を参考に概略をまとめます。

『エクスペンダブルズ』(The Expendables)は、シルヴェスター・スタローン監督によるアメリカ映画。タイトルは「消耗品」を意味します。2010年に劇場公開された。2012年には続編『エクスペンダブルズ2』が公開されています。

あらすじ

ソマリア沖で起きた海賊によるシージャック解決の仕事を受けたバーニー・ロス率いる傭兵部隊「エクスペンダブルズ」は、身代金を用いた交渉を行うもメンバーの一人であるガンナー・ヤンセンの暴走により、激しい銃撃戦を展開することになる。海賊の殲滅には成功するも薬物依存症に陥っていたヤンセンをロスはチームから放逐することを決める。

数日後、チームのマネージャーであるツールから仕事の依頼を伝えられたロスは会合場所でチャーチという謎の男から南アメリカの小国、ヴィレーナの独裁者であるガルザ将軍の排除を依頼される。ロスはメンバーの一人であるリー・クリスマスと共に同国に偵察に赴き。活劇が始まるというものです。

北米で2010年8月13日に公開され、週末3日間で約3482万ドルを記録し、初登場1位となったそうです。これは、シルヴェスター・スタローンの監督作、及び主演作としても最高の成績。

またスタローンは史上初めて、1970年代、80年代、90年代、2000年代、10年代と、5つの年代で主演と脚本を務めた映画が北米公開初週末興行成績1位を達成した人物となりました。公開2週目には、スタローン主演のアクション映画としては『デモリションマン』(1993年)以来17年ぶりとなる2週連続1位を達成しました。公開36日目にはスタローン主演としては『ロッキー4/炎の友情』(1985年)以来25年ぶりとなる北米興行収入1億ドル超えを達成しました。 最終的には全世界累計の興行収入が約2億5千万ドルに上るヒット作となった。日本では2010年10月16日に公開されたという事です。

清澤のコメント:公開時には私にはあまり印象のない映画でした。今回見てもお勧めというような代物ではありません。ランボー以来、米国の国際的な苦境に鬱屈感を持つ米国民の溜飲を下げさせるようなストーリーです。「米軍でアフガニスタンに派遣されて、PTSDになっている」などという経歴の人は、此処までではなくても、このような経験をしたのかもしれません。、
中南米の独裁者がいる国では、独裁者の政策が左傾化すると、米国がその非正規的な手段でその政府の転覆を図るという、まことに有りそうな筋書きになっていました。現代の傭兵というのはこんなものなのでしょうか?

Categorised in: 未分類