お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年1月23日

6221:カルテビューアーを紹介するランチョンセミナーをやってみようというお話

images
 カルテビューアーを紹介するランチョンセミナーをやってみようというお話が飛び込んできました。私の提案はいろいろなシチュエーションにおけるカルテビューアーのメリットをビデオで示そうというもの。実現出来たらきっと楽しいでしょう。
無題
 大きなカルテ室を医院拡張時に作ったのに、半年でそのカルテ倉庫がいっぱいになったことで、カルテのペーパーレス化が焦眉の急となりました。そこで竹内眼科でそれをすでに使っていた寺松先生の御推薦がこのカルテビューアーでした、

 受付では、レセコンデータから患者情報と請求項目の書込み用紙が毎回自動的に作られて、検査係には紙二枚だけの紙カルテが渡されます。前回の処方などの情報は自動的に当日のカルテ用紙に印刷されています。
images
視力や視野などのそれ以前の情報は、アイパッドで見ながら、当日の検査が進められます。

images診察時に医師は記録と処方をペン書きして、次回予約予定もカルテに記入します。隣では事務員が処方箋を発行して、処置内容、病名を紙に書き、レセコンに居れれば当日の会計までが終了です。

 別室では、カルテのスキャン作業が進行中。先ずはこれ以上のカルテを増やさないように毎日のカルテをスキャンすること。それから古いカルテの山の切り崩しにかかっています。スキャンされた紙カルテはボール箱に数か月保存され、溶解処理されます。

Categorised in: 未分類