お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年1月7日

6168 難病その5: 「小児慢性特定疾病」の支給認定を受けるには?

03_09
「小児慢性特定疾病」の支給認定を受けるには?~都道府県知事または指定都市・中核市の市長に申請します

新たな小児慢性特定疾病の医療費助成を受けるためには、お住まいの都道府県庁、指定都市市役所、中核市市役所など(地域の保健福祉担当課や保健所など)への申請が必要です。
従来の制度による医療費助成を受けている方も、平成27年1月1日以降も継続して医療費の助成を受けるには申請が必要です。また、現在受給されている方が、既認定者としての認定を受けるためには、平成26年12月末までに申請を行う必要があります。

<小児慢性特定疾病の医療費助成の認定を受けるまで>
1.小児慢性特定疾病指定医を受診し、診断書の交付を受ける。

2.診断書と必要書類を合わせて、保護者が都道府県庁などに医療費助成の申請をする。
主な必要書類:申請書、同意書、小児慢性特定疾病医療意見書、受診医療機関申請書、市町村民税(非)課税証明書などの課税状況を確認できる書類、住民票、健康保険証の写し など

3.都道府県(または指定都市・中核市)で審査を行う。

4.認定された場合、医療受給者証が保護者に送付される。
※認定されなかった場合は、その旨を通知する文書が送付されます。

指定医療機関を受診し、治療を受ける。

<取材協力:厚生労働省  文責:政府広報オンライン>

Categorised in: 未分類