お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年1月5日

6162:緑内障のラタノプロスト、視野維持:の論文です

緑内障のラタノプロスト、視野維持
2014年12月26日 ソース:Lancet

文献:Garway-Heath DF,et al.Latanoprost for open-angle glaucoma (UKGTS): a randomised, multicentre, placebo-controlled trial.Lancet. 2014 Dec 18. pii: S0140-6736(14)62111-5. doi: 10.1016/S0140-6736(14)62111-5. [Epub ahead of print]

 開放隅角緑内障の新規診断患者461人を対象に、眼圧下降薬ラタノプロストの視野維持効果を無作為化プラセボ対照試験で評価(UKGTS試験)。24カ月時の平均眼圧下降値は、ラタノプロスト群3.8mmHg、プラセボ群0.9mmHgだった。視野の維持は、プラセボ群に比べラタノプロスト群で有意に長かった。(調整後ハザード比0.44)。

清澤のコメント:何をいまさらという感じの論文。されどランセットに出た論文です。眼圧が下がるだけではなくて視野も保たれるという内容のようです。

Categorised in: 未分類