お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2015年1月3日

6159:エボラ熱、死者8千人超す WHO発表

エボラ熱、死者8千人超す WHO発表

2015年1月3日 18時28分

 【ナイロビ共同】西アフリカを中心に流行するエボラ出血熱について、世界保健機関(WHO)は2日、リベリア、シエラレオネ、ギニアの3カ国での感染者(疑い例を含む)が昨年12月31日時点で計2万381人に上り、このうち死者が7989人に達したと発表した。米国やナイジェリアなどで死亡した15人を加えると、2014年のエボラ熱による世界の死者は8千人を超え、8004人だったことになる。

 一方、国連エボラ緊急対応支援団のバンベリー代表は2日、ガーナの首都アクラで退任前の記者会見を開き、エボラ熱を今年中に封じ込めることができるとの見方を示した。ロイター通信が伝えた。

清澤のコメントとお勉強での追加:昨年後半の増加カーブと比べると死者は一万人を越えないですんだことになります。そのあたりが今年中に封じ込められるか?と考える理由なのでしょうか?いずれにしても未だに人類に対する大きな脅威です。

そこで、一つのヒント:
今回のウイルスの株はZaire ebolavirus species。これは中央アフリカのコンゴあたりに居た筈ものであって、西アフリカの3国(Guinea、Sierra Leone、Liberia)に蔓延したのは不思議。通常この2地域の間には人の大来はないから、旅をしたのは動物なのではないか?という。このウイルスの宿主はコウモリ(Fruit bat下の図参照)。しかも中央アフリカの株と遺伝子的には非常に近いから、最近移動したのだろうという。今回エボラ熱に襲われている地域は経済的にも内戦などで最も弱っている地域である。更に経済的にきついと森の奥深く分け入り食料や、たき火の材料を手に入れたり・・とかで動物との接触が増える。
 戦乱その他で劇的に変化したEcologyとEconomyが合体してエボラ問題を起こしたのか?という話があるようです。・・
http://www.plosntds.org/article/info:doi/10.1371/journal.pntd.0003056

(青木真氏のブログから内容を拝借。http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/ea985b0fb7b8ff676ce4fd4eae91e6e8)

さらに、感染経路の略図 : 自然宿主はコウモリである。感染したサルなどの動物の血液,分泌物,排泄物,唾液などとの接触でも感染する可能性がある。という図もウィキペディアに出ています。
141001b

Categorised in: 未分類