お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年12月3日

6082 展覧会「妖しのインテリア」開催:だそうです。

001
東京都・南青山「スパイラルガーデン」で、展覧会「妖しのインテリア」開催 エボル  [2014/12/03]

清澤のコメント:
 一体何のこっちゃい?と思うのですけれど、「妖し」というのですから目にも関連したニュースなのでしょう。上の図も借用して引用しておきます。
 「作家個人の魂が込められた作品」というのも(ごちゃごちゃ言わずにわかったことにしておけという声もありましょうが、)わかりにくい日本語の表現です。
l_jYphY9d9(これが昨年の記事のメインイメージでした)
 そもそも海外の2人の作家の作品をインテリアアイテムと共に展示するのですか?
 しかも展覧会の説明文は昨年(2013.5.24-26 http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_628.html)の同展覧会のキャッチフレーズの切り貼りでは?。12月12日~14日 10時~19時。会場は、「スパイラルガーデン」(東京都港区南青山5-6-23)。

ーー記事引用ーー
main_img
トーヨーキッチンスタイルは12月12日~14日の3日間、東京都・南青山「スパイラルガーデン」(スパイラル1F)にて、展覧会「妖しのインテリア」を開催する。

“面妖”にさえ感じられる美しさを放つ作品を展示

近年、心の内面や外へのメッセージをストレートに表現する作家が世界で台頭してきているという。ミニマルからデコラティブに移行しつつあるインテリアトレンドのなか、常識や合議とは無縁な、作家個人の魂が込められた作品は、面妖にさえ感じる美しさを放つ。作品から受ける鮮烈な印象や個性は、インテリアの世界に1つの方向性を示唆するものとなっているとのこと。

トーヨーキッチンスタイルのディレクションを行う代表取締役社長・渡辺孝雄氏は2013年5月、「スパイラルガーデン」で「妖しのインテリア」展を開催。3日間の開催期間で3,000名を越える来場数を記録し、その後同年12月には大阪、2014年8月には名古屋にても同展を開催した。

今回は、今年のミラノサローネで発表された新作をはじめ、今回の展覧会のために作品を用意。フランスの「FREDERIQUE MORREL(フレデリック・モレル)」とレバノンの「BOKJA(ボクジャ)」の作家2組に加え、 フランスのブランド「ibride(イブリッド)」など、独自の世界感をもったインテリアアイテムを展示する。

渡辺氏は、今回紹介するアーティストたちについて、「ひとつひとつから溢れ出る生命感は、無機質に慣れてしまった私たちには面妖に映るかもしれません。しかし、この艶やかな妖しさこそ、これからの豊かさのヒントになると考えています」とコメントしている。

開催日時は、12月12日~14日 10時~19時。会場は、「スパイラルガーデン」(東京都港区南青山5-6-23)。

Categorised in: 未分類