お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年12月2日

6078 12月初日の夜回りは有りませんでした。

6078 12月初日の夜回りは有りませんでした。
無題
ここ数年と思ってましたが2004年からだったみたいです。(⇒古い記事にリンクhttp://kiyosawa-eye-clinic.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/6520061231_8fa7.html)もう10年間ですね。毎年12月いっぱいは町内の夜回りを用事がない限り、毎晩しています。

 一年ぶりに黄色いアノラックを出して今日からと待ち構えておりましたが、初日の本日は残念ながら小雨模様で行えませんでした。

 12月になると始まる2人だけの恒例の夜回りです。大きな家具屋の社長で、家の娘の友達のお友達の父親でもあるFさん(彼は広目隊の11人の事務局員のおひとり)と二人で、夜10時から約30分間の町内夜回りを毎晩するというわけです。毎晩10時に高円寺集合ですので、12月は遅い時間まで飲むことはいたしません。

141120pato(アノラックはこんな色です)
相方と2人だけですが、少しでも怪しく見えないように馬橋ご近所付き合い広目隊の隊から支給されるアノラックをジャンパーの上に着て、拍子木を鳴らしながらあらかじめ決められたコースで高円寺南3丁目の町内を早足で巡り歩きます。

 夜中の道で人とすれ違うと、登山の山道でするように知らない人にでも「こんばんわ」と声を掛けます。

 たまには、自転車のチェーンにマグラーが絡んで困っている人に手を貸したりもしたことがありますが、ほとんど何もありません。窓からご苦労さんと毎晩声をかけてくれる人もいます。でもたまには、2階からうるさいと怒鳴られたり、政治家の売名行為ではないかと疑われたと思われる声を聴くこともあります。

こちらとしては一人だとしにくい只の夜の散歩なのですけれど。

知らないうちに新しい家が建っていたり、古い家が壊されていたりすることにも気が付きます。昨年は建築家屋がやたらに多かったですが、今年はどうなのでしょうか?家具輸入業界とか、ショップチャンネル業界とか、アマゾンの倉庫の仕組みとか、運輸業界の話とか、異業種の話題がいろいろと聞かれるのも夜回りの楽しみです。

Categorised in: 未分類