お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年12月1日

6075 香港政府本部を包囲=民主派、警官隊と衝突

isoJ0T0(逮捕される学生運動幹部)

香港政府本部を包囲=民主派、警官隊と衝突

 【香港時事】香港民主派系学生団体の大学生連合会(学連)と学生政治団体の学民思潮は30日夜、香港島・金鐘(アドミラルティー)で大規模な集会を開き、数千人が参加した。参加者は両団体の呼び掛けにより、近くの政府本部を包囲した。

 デモ参加者の一部は政府本部近くで警官隊と衝突する一方、政府本部に隣接する行政長官弁公室(官邸)近くの道路を占拠。警官隊は催涙スプレーや警棒を使って抑え込み、多数のデモ参加者を連行した。デモ隊に多くの負傷者が出たとみられる。

 集会は、学連などが行政長官の選挙制度民主化を要求するため、雨傘やヘルメット、ゴーグルを持って金鐘の道路占拠現場に集まるよう市民に呼び掛けて開催された。

 学民思潮の幹部は集会で「やむを得ず行動をエスカレートさせることになるが、非暴力の原則は堅持する」と強調した。しかし、実際には、デモ隊はヘルメットをかぶり、手製の盾を持って、積極的に警官隊と衝突。その後もにらみ合いを続けた。(2014/12/01-00:32)


 このニュース動画は11月25日のニュースですが、それよりも新しい動画が見つかりません。中国政府は強硬そうですし、香港の若者は中国政府のそのような顔を見て育ってはいないでしょうから、天安門事件のようなことになるのかどうか?
 今後、香港を出て米国などに移住したがる人々も出てくるかもしれません。

2014年6月に在香港日本国総領事館・経済班が出した報告によれば、

一国二制度のもと、「中国経済」との関係を深める香港・マカオ経済について

(1)低税率
– 法人税16.5%、所得税15%
– 消費税、配当税、キャピタルゲイン課税、相続税、関税なし

(2)効率的な政府
– 行政手続が簡易かつ迅速
– 社会保障等の規模が最低限(法人負担コストが低い)

(3)一国二制度
– オープンな自由主義経済(規制が最小限)
– 一国二通貨(香港ドル、人民元オフショアセンター)
– 情報統制が少ない

(4)富の偏在
– 金融・不動産でGDPの4割
– 香港経済を支配する財閥の存在

(5)世界・アジアのハブ
– 金融センター、貿易・物流センター

これを見る限り香港内に経済的な不満などはなさそうなのですけれど。

Categorised in: 未分類