お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年11月30日

6072 大塚HD会長の大塚明彦氏死去

大塚HD会長の大塚明彦さん死去 「ボンカレー」発案 2014年11月30日17時18分

 レトルトカレー「ボンカレー」の発案者として知られ、大塚ホールディングス(HD)会長の大塚明彦(おおつか・あきひこ)さんが28日、死去した。77歳だった。葬儀は近親者で営む。後日、お別れの会を開く予定。自宅は兵庫県西宮市。

 大塚製薬をはじめとする国内外約150社に及ぶ大塚グループの総帥。実質的な創業者である故大塚正士氏の長男で、1976年に38歳で大塚製薬社長に就任した。69年に全国発売された「ボンカレー」の発案者でもあり、その後も、自らのアイデアで「ポカリスエット」(80年)、「カロリーメイト」(83年)などの機能性飲料・食品を他社に先駆けて売り出し、ヒットを連発。点滴用の輸液が中心だった医薬品部門についても、研究開発力を強化し、収益の柱に育て上げた。

;;心からご冥福をお祈りいたします。(清澤)

無題松山容子さんを知る人も少なくなったことでしょう。琴姫七変化(ことひめひちへんげ)は日本のテレビドラマ(時代劇)。読売テレビの制作 により、日本テレビ放送網系列で、1960年12月31日から1962年12月29日にかけて全 105話が放送された。大塚製薬の一社提供。放送時間は毎週土曜19:00 – 19:30

ーーー皆様、重々ご承知でしょうけれどーーー
622104901_19269大塚製薬の眼科用剤:ムコスタ点眼液UD2% 大塚製薬株式会社
主成分 レバミピド
剤形 白色の水性懸濁点眼剤(0.35mLプラスチック容器)、(本体)無色、(ラベル)ピンク
この薬の作用と効果について: 涙の成分であるムチンの産生を促進し、涙の状態を安定にすることで、角結膜上皮の障害を改善します。通常、ドライアイの治療に用いられます。

用法・用量(この薬の使い方):通常、1回1滴、1日4回点眼します。必ず指示された点眼方法に従ってください。この目薬は懸濁液ですので、点眼前に、薬剤を分散させるために、点眼容器の下部を持ち、丸くふくらんだ部分をしっかりはじいてください。以下略。

(利益相反はありません。)

Categorised in: 未分類