お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年11月22日

6041:MAC症 非結核性抗酸菌症とは

imagesW40BXQ3N
或る中年の女性患者さんがMAC症だと診断されたと言って見えました。この方には眼症状はありません。マクドナルドでもないですがこのMAC症(MAC感染症)とは何のことなのでしょうか?その病気には眼症状は有るのでしょうか?

 これは非結核性抗酸菌症のことです。稀に角膜感染があり、レーシック後に角膜フラップに感染を起こした銀座眼科の事故も非結核性抗酸菌と言っていたと思います。ネットには眼周囲の感染例の写真もあります。末尾に引用する文献では角膜炎のほか、剥離手術に使うバックルの感染などが多いようです。
 
 大学では非結核性抗酸菌症で内科加療中の患者さんの紹介は少なくはありませんが、これはエタンブトールなどの抗結核薬の副作用に対する検査目的です。

ーーウィキペディアなどを参考にーーー
2013121700016_2非結核性抗酸菌症(ひけっかくせいこうさんきんしょう, 英: nontuberculous mycobacterial infection)とは、結核菌と癩菌を除く非結核性抗酸菌による感染症のことである。非定型抗酸菌症とも呼ばれる。

抗酸菌はPCR法やDNAシークエンシングが普及するまでは分類が困難であったが、近年は次々と亜種が発見されている。抗酸菌の研究が進む中で、抗酸菌の中でも結核菌と癩菌は特殊な菌であることがわかり、多くの抗酸菌による感染症は非結核性抗酸菌症として分類されることとなった。(以前は結核菌が主である定型的感染症であり、他は非定型抗酸菌と分類されていた。)

日本においてはMycobacterium avium(マイコバクテリウム・アビウム)とMycobacterium intracellulare(マイコバクテリウム・イントラセルラーエ)の2菌種を区別しないMycobacterium avium complex(マイコバクテリウム・アビウム・コンプレックス、MAC)による感染症が2001年に行われた調査では全非定型抗酸菌感染症の83%、次いでMycobacterium kansasii(マイコバクテリウム・カンサシ)によるものが8%となっている。この3菌種で91%以上を占める。

病態

非結核性抗酸菌はヒトの身体のさまざまな部位で感染症を起こす。中でも呼吸器感染症が頻度が多く、また生命にかかわるため重要視されている。 結核菌と異なり、非結核性抗酸菌症はヒトからヒトへの感染はおこらない。
播種性非結核性抗酸菌症はHIV感染者や化学療法を受けているなどの免疫不全状態でみられることがあり、注意を要する. 皮膚抗酸菌症としては水槽肉芽腫(fish tank granuloma)などがある。

検査
PCR (近年開発されたリアルタイムPCRが、迅速で特異度が高いため、主として用いられている)
DNA-DNAハイブリダイゼーション (商品名:DDHマイコバクテリア’極東’®, 結核菌群、非結核性抗酸菌群の18種で菌種が同定できる)
気管支鏡・CT下肺生検や上部消化管内視鏡などによる生検、皮膚生検
喀痰や培養液などの検体が採取できないときに、病巣から生検検体を採取して、病理診断や培養で診断を下すことがある喀痰塗抹 (チール・ネルゼン染色、蛍光染色)…呼吸器感染の場合
喀痰や胃液・骨髄の抗酸菌培養 (発育に4~8週間かかる)。

治療

結核と同様に治療されることが多い。イソニアジド・リファンピシン・エタンブトール・ピラジナミド・クラリスロマイシン・レボフロキサシンなどのうちを複数を組み合わせて治療することが多い。

一般的にはクラリスロマイシン・リファンピシン・エタンブトールで初期治療を開始することが多い。薬剤耐性検査の結果、組み合わせを変更することもある。

ーーー眼科の文献ーーー
抄訳準備中です。

Ocular infections caused by non-tuberculous mycobacteria: update on epidemiology and management.Girgis DO1, Karp CL, Miller D. Clin Experiment Ophthalmol. 2012;40:467-75.

Abstract

BACKGROUND:

  To provide an update on the frequency, distribution, risk factors and in vitro susceptibility of ocular infections caused by non-tuberculous mycobacteria.

DESIGN:

  Retrospective study of university clinic patients.

PARTICIPANTS:

  One hundred thirty-nine patients with culture confirmed non-tuberculous mycobacteria infections seen at Bascom Palmer Eye Institute from January 1980 to July 2007.

METHODS:

  Chart review of data collected included patients’ demographics, risk factors, microbiological profiles and clinical outcomes.

MAIN OUTCOME MEASURES:

  Frequency, distribution, risk factors and in vitro susceptibility of ocular infections caused by non-tuberculous mycobacteria.

RESULTS:

  A total of 183 non-tuberculous mycobacteria isolates from 142 eyes were identified, with a fourfold increase in the number of eyes infected with non-tuberculous mycobacteria from 1980-1989 (13.4%) to 2000-2007 (56.3%). Eighty-three percent of non-tuberculous mycobacteria isolates were identified as M. abscessus/chelonae. The majority (91%) of isolates were recovered within 10 days. Common diagnoses included keratitis (36.6%), scleral buckle infections (14.8%) and socket/implant infections (14.8%). Identifiable risk factors were presence of biomaterials (63.1%), ocular surgery (24.1%) and steroid exposure (77%). The median time from diagnosis of culture positive non-tuberculous mycobacteria infection to resolution was 13 to 24 weeks. Combination therapy was used to treat 80% of infected eyes. In vitro susceptibility of non-tuberculous mycobacteria isolates were: amikacin, 81%; clarithromycin, 93%; and moxifloxacin, 21%.

CONCLUSIONS:

  The incidence of ocular infections caused by non-tuberculous mycobacteria has increased within the last 8 years, with a high number of biomaterial associated infections among this group. Clinical diagnosis and microbiological confirmation of non-tuberculous mycobacteria infections remains challenging. Patient outcomes may be improved by early diagnosis, appropriate therapy and removal of biomaterials.

Categorised in: 未分類