お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年11月20日

6336 「乗客を詰め込みすぎて窓が割れる」 東京メトロ東西線の混雑

「乗客を詰め込みすぎて窓が割れる」 東京メトロ東西線の混雑はいつ解消されるのか:という記事が出ています。

清澤のコメント;
 私が南砂町で下りの電車から降りるのが朝の8時ころ。それでその電車はほとんど空になります。これに対して、向かい側の上りホームでは、その頃上り電車に乗る住民がいっぱいで悲惨。しかも、もっとも混むのはその先の木場、門前仲町間なのです。乗ろうとする人は背中で、すでに乗っている人を押し、框に手をかけて自分の体をスイングして後ろに押し込まねば乗り込むことはできません。乗り込んだ後、車内からの押し返しで自分の体がドアのガラスに押し付けられるのは必然。力を抜けば、頬がドアの硝子に押し付けられます。

 しかし、上りは19時ころにはそんなには混んではいません。茅場町や日本橋を過ぎるころまでには座れるはず。やはり、傷の有ったガラスが衝撃で一気に割れたのでしょう。地下鉄のドアのガラスも自動車のフロントグラスの様に、2重のガラスの間にフィルムをはさみ込み、飛散しないようにした強化硝子になっているのでしょうね。であれば、駅員のガムテープ補修は見かけの補修に過ぎないという事でしょうか?

  毎朝の南砂町駅の上りホームの混みようを見る限り、南砂地区はさらに伸び続ける町という手応えが有ります。この混んだ電車で西船橋方面から通勤してくる当医院の職員の皆さんには毎朝ご苦労様ともう一度声を掛けたいです。

ーー元記事の抄録ですーー
2014年11月20日(木)19時24分配信

キャリコネから
大手町駅で「乗客を詰め込み過ぎた」ために、窓ガラスが割れてしまったと話題になっている。

11月18日の夜に乗客がツイッターに投稿した内容によると、割れたのはドアのガラス。複数投稿された写真を見ると、全体に細かくヒビが入ってしまっている。駅の係員が車両の内側からガムテープを貼って補修をし、「走りながら応急措置ちう」と投稿する人もいた。

補修中の写真が投稿されたのは19時過ぎだが、ガラスが割れたのは18時50分ころ。読者投稿型運行情報サイト「ジョルダンライブ!」によると、中野方面行きの各駅停車が日本橋駅から大手町駅に差し掛かるところで割れたようだ。
 ー中略ー
そもそも東西線は、都内でも屈指の混雑率を誇る路線だ。国土交通省の「東京における主要区間の混雑率」(2013年度)によると、東西線はJR京浜東北線に次いで都内で2番目に混雑率が高く、朝の木場-門前仲町間で最高で199%にものぼるという。
 ー中略ー
近年、南砂町駅(江東区)を始めとした湾岸エリアや、西船橋駅から東西線に直通運転をしている東葉高速鉄道の八千代緑が丘駅(千葉県八千代市)近辺で開発が進み、再び利用者数が伸びている。
 ー中略ー
「通常、人の圧力だけでガラスが割れることは考えにくいです。何か硬くて尖ったものがぶつかってヒビが入り、そこに人の圧力が加わって割れたのではないでしょうか」
 ー中略ー
混雑を抜本的に改善するため、南砂町、木場、茅場町、門前仲町、東陽町の5つの駅で、計654億円かけて順次大規模工事を行う。南砂町駅では340億円かけて、ホームと線路を増設。

ただし、全ての駅の工事が終わるのは2020年。それまでは現在の混雑状況が続きそうだ。
ーーーー

最後にもう一度清澤のコメント:

 毎朝の南砂町駅の上りホームの混みようを見る限り、南砂地区はさらに伸び続ける町という手応えが有ります。この混んだ電車で西船橋方面から通勤してくる当医院の職員の皆さんには毎朝ご苦労様と声を掛けたいです。

 当医院では、転居して徒歩または自転車で当医院に通勤できる範囲に住居を構えてくれる職員には、緊急時の事業継続計画の一環として、特別な住居手当を出しています。

Categorised in: 未分類