お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年11月19日

6029 目の裏にコンタクトレンズが行ってしまうのは本当のこと?!:

images
目の裏にコンタクトレンズが行ってしまうのは本当のこと?!

清澤のコメント;
コンタクトレンズが無くなって外れない。と言ってくる患者さんは少なくありません。知らないうちに出てしまっている場合も多々ありますが、上の結膜嚢の中にそのまま隠れている場合もあります。
images2IQ7F7TH
隠れているのが下の結膜嚢の中なら拾うのは簡単ですが、この例のように1週間も取れないままでいることもあります。
 上に上がっている場合にはやや厄介です。その場合には上瞼を反転(場合によっては2重に)して、ガラス棒や綿棒で上の結膜脳の中を探ってやると本体や破片が見つかって取れることがあります。気になったら早めに眼科医にご相談ください。
 ハードコンタクトレンズが、結膜の裏に張り付いたまま肉芽に包まれてしまい、腫瘍のように固まってしまっていたので、手術で摘出した例もありました。
ーーーー
2014年11月18日 05:00 

なくなるコンタクトレンズ
よく聞かれる「コンタクトレンズが目の裏に行ってしまった!どうしよう!」という言葉。これは本当のことなのか?

目の構造上、目の裏に行くことは「まず、ない」と言うことだそう。だが、なぜかコンタクトレンズがなくなってしまう、ということが起こるのだろうか?

コンタクトレンズ

日頃の動作が関係?
原因はいたって簡単、コンタクトレンズをつけたまま寝てしまうということが一番の原因のようです。

目というのは、まぶたの裏から眼球の表面にかけて、袋状になった「結膜嚢(のう)」があるので、眼球後部とは境界があります。目の奥、つまり白目からまぶたの裏は袋状になっていて行き止まりになっているそうです。

結論として、「奥に行くことはありえない」ということになります。目の裏にコンタクトレンズが張り付いて取れない!という、とても怖い状況にはならないので、一安心です。

日頃のケアが大事
では、どこにコンタクトレンズが行ってしまったのでしょうか?

基本的には、下瞼(あっかんべーをするときに下げる瞼)を見ても、何もなければすでに外に出てしまっていることが多いそうです。

ただし、ない!と思い、慌てて目をかいたりしたときに、目に傷がつくことがある他、裏にいかないものの、ずれてしまって自分では取れなくなることもあるようです。

そのときは迷わず眼科を受診しましょう。できるなら、外出から帰るとすぐにコンタクトレンズは外し、つけたまま寝てしまわないように気をつけましょう。

Categorised in: 未分類