お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年11月16日

6019 グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 映画を見てきました


昼からこの映画を見てきました。

 王室と結婚するという事が大変な事であるというのは今も昔も変わらぬことなのでしょう。

 それにしても、モンテカルロ市しかないモナコのような小国がフランスの中で生き残れたというのも不思議なめぐりあわせではありますが、フランスとモナコの間にこの映画に描かれたようなこのような険悪な時期があったとは知りませんでした。またヒッチコック監督お気に入りの女優だったというのも事実だったそうです。1950〜60年代を彩る同時代の女優にはオードリー・ヘプバーン、マリリン・モンローが居ました。

 グレース・ケリーの出身地はフィラデルフィアです。父親は貧しい生まれでしたがオリンピックのボート競技で金メダルを取って有名になり、のちには煉瓦会社を興して資産家になっています。フィラデルフィアでは有名なボートハウスもあるフェアモント公園の管理者も務めています。

 映画にも出てきましたが、1956年4月18日、モナコ大公宮殿にて法的な結婚式が行われています。翌4月19日、モナコ大聖堂(サン・ニコラ大聖堂)で、カトリック式の挙式が行われました。

cached
 1957年に長女の妊娠をマスコミに悟られないよう、カメラを向けられた際、エルメスの鞄「サック・ア・クロワ」で腹を隠した。この事でバッグが有名になり、商品は「ケリーバッグ」と改名されたということです。

 実際に1963年には裕福なフランス人にとってのタックスヘイブンとしての地位で国内産業を育成しようとしたため、フランスのシャルル·ド·ゴール大統領はそれを不当として課税を求めてモナコとの国境封鎖しています。それに対してモナコは経済力も発言力もなく苦悩したようです。

 フランス政府の圧力に対抗するため国際赤十字を巻き込んでモナコで舞踏会を開くというようなせめぎあいがあったとか、大公の姉夫婦が国を簒奪しようとして暗躍していたとか、様々な見どころがある映画でした。

 時代背景としては、フランスが北アフリカの植民地であるアルジェリアの独立運動に苦しんでいたという事もあります。アルジェリア独立は1962年7月5日でアルジェリア民主人民共和国として独立を達成しています。

 1982年9月13日、自らハンドルを握りローバー3500を運転して南仏のロックアジェルの別荘からモナコに戻る途中に脳梗塞を発症。そのまま急カーブの坂道でガードレールに激突し、道路横の崖を40メートルほど転落して自動車は大破した。事故後すぐに病院へ搬送されたが意識が回復しないまま翌日に死亡(52歳)とされています。

 映画の週末は、そののちも「グレース・ケリーは最後までスクリーンには復帰しなかった」という事でしたが、その死もダイアナ妃の時と同様に人々にショックを与えるものでした。

Categorised in: 未分類