お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年11月9日

6000;迎賓館赤坂離宮の前庭公開に行ってきました。

images51LD7LFJ
6000;迎賓館赤坂離宮の前庭公開に行ってきました。

迎賓館赤坂離宮の前庭公開 11月8日(土)~10日(月)

⇒総理府の作った動画です。http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9742.html

建物へは本日は入れませんでしたが、前庭ではボランティアの方が20分くらいかけて説明を聞かせてくださいました。
images5WV363ZA

全体の形はフランス風ですが、屋根の上の左右の天球、そしてそれを取り囲む鳳凰、菊や五七の桐の紋章など日本の意匠をふんだんに取り入れ、建築家も日本人の洋風建築第一世代の作品だそうです。上智大学やホテルニューオータニのビルは東脇に見えていますが、現在は景観保護の対象にもなっていて、本館の背面に現代の建築が映り込まぬような規制があるそうです。「鹿鳴館も斯くはありなむ」という風情です。旧古川邸、新橋プリンスホテルなどにもありますが、車寄せの付いた洋館には憧れます。
1024px-Palais_du_Luxembourg_hiver(これはリュクサンブール宮殿です。ちょっと似ているでしょ。)

塀の鉄柵外から見た建物の姿としてはリュクサンブール宮殿に似ているかと私は思っておりましたが、ルーブル宮殿やベルサイユ宮殿を模したとのことです。(どちらも赤坂離宮よりずいぶん規模が大きいです。)言われてみればベルサイユの町からベルサイユ宮殿に向かうアプローチと建物の配置関係は確かにベルサイユ宮殿に似ていると思いました。
imagesPX7ZDTRQ(赤坂迎賓館全景)
四角い敷石が敷かれた正門から建物までのアプローチが220メートルということでした。思えばこの敷地は、青山通りからほぼJR四谷駅までの広がりを持ち、東は赤坂見附の近くまで広がるのですから実に広大なものです。本日拝観したのはそのほんの一部なわけです。

BlogPaint
 最後に、赤坂迎賓館一般公開の記念切手シートを郵便局の出張窓口で購入してきました。

 いつもこの前庭の地下トンネルをJR中央線や高速道路で通っていると思うと別の感慨がわきます。今日の天気は雨上がりで暑くもなく気持ちの良い秋の日でした。これが眼科医院通信6000号記念の話題です。

この後、医院の隣部屋への拡張工事の状況を見に南砂に回りました。内装工事の角さんが2人の解体作業員とともに作業を終わるところでした。境に青シートで境をし通常の診療は変わらずにつづけながら、拡張部分の簡易な改装をしています。工事期間はほぼ2週間です。本日は壁を抜く部分があったので、医院も周りも営業をしていない日曜に撤去部分の工事をしてくださったということでした。

Categorised in: 未分類