お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年11月2日

5977 学術委員会(日本眼科医会)仄聞。

前回のこの会の直前に委嘱されたこの委員会に初めて出させていただきました。その会での話題から眼科医の皆さんに知っていただき、活用していただけそうなニュースを採録いたします。

1)日本眼科医会には生涯教育講座というものがあります。

この講習会は年に一つのテーマを決めて、オーガナイザーを学術委員会で指名し、2日にわたる講義を東京、名古屋、神戸、福岡の4か所で日を変えて行うというものです。

 今年は「眼科画像診断の進歩と応用ーー光干渉断層法(OCT)を中心に」という事で行われて総計1145人の参加者を集め、それは会員の8,2%であったそうです。

 来年第68回は「視野の全て」という事でオーガナイザーは松本長太先生(近畿大学)
プログラムも公表されています。(松本長太、中野匡、大久保真司、国吉一樹、中村誠、仲泊聡の各縁者)。東京は日経ホールで27年2月14、15日だそうです。(神戸2月21,22日、福岡3月14,15日。名古屋3月28,29日です。)申し込みなどには⇒リンクhttp://www.joa.umin.jpをご参照ください。締め切りは各会場ごとに違っていて、たとえば東京講座では平成27年1月30日となっています。日本眼科医会生涯教育事務局は03-5287-3831(電話)だそうです。

 すでに69回(2015年夏開催予定です)も「学童期の眼科診療・学校保健(仮題)」でオルガナイザーが佐藤美保教授(浜松医科大学)、柏井真理子常任理事(日本眼科医会)に決まっています。

2)学術ビデオ「眼科の診断と治療シリーズ」
 2014年制作シリーズが進行しているそうです。
このビデオは10月10日から現在はMDS医療関係者向けサイトからのリンクで掲載されています。

 MDS社が眼科用剤から撤退して、その業務が参天製薬に引き継がれたことに伴って、このビデオシリーズの制作協賛と、配布関連の業務も2015年4月を目標に、参天製薬に引き継がれるそうです。
(MSD社のページに入りunivadisそれからサービスに入ります。そうするとテレビで放映されたビデオにたどり着くことができます。次のリンクをお試しください。)
http://www.univadis.jp/services/banyuvideo/pages/banyuvideolibrarylistpage.aspx?speciality=%e7%9c%bc%e7%a7%91

 従来はハードコピー(DVDなりビデオ)が製薬会社から届けられていましたが、今後はダウンロードなしでのネットからのリンクだけになるという説明でした。営利目的での利用放映には許諾が必要です。

 このビデオは、「動画が生きる動きのある項目」という事も選考の材料にされています。本日は来年度の制作項目も討論されました。わたくしも一項目の作成の相談に乗らせていただくことになりそうです。お楽しみに。

3)眼科医の手引きという「日本の眼科」の黄色のページ(実質2ページの短い解説です。)があります。この依頼タイトルの進行状況と85巻4号から86巻1号への掲載タイトル一覧を見せてもらいました。

 すでに私の推薦させてもらったものゲラが回ってきておりますし、そして私の担当した、「心因性視覚障害の診断」もすでに入稿済です。ご期待ください。

(今後関連ページにはリンクを張るつもりで準備中です)

Categorised in: 未分類