お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年10月23日

5945 「第27回 国際メガネ展(IOFT2014)」での東海光学の話題

「第27回 国際メガネ展(IOFT2014)」での東海光学の話題です。

昨日は遮光眼鏡の話題で東海光学に言及しましたが、今日はその「東海光学:眼の色素を保護するアイケアレンズ 「ルティーナ」を12月に発売」という記事の紹介です。このレンズを使うと短波長光(ブルーライト)を従来品よりも多くカットでき、網膜のルテインを保護するといっています。また、この会社のホームページにはこの展示会に出品されたこれ以外の様々な新製品が列挙されています、一読してわかるものばかりではありませんが、「ⅰロケーションリミックス」により、iPadと専用のアプリを用いることで、目とレンズの立体的位置関係を設計に反映し最適化する、最新技術など魅力的なコンセプトが列挙されており、これからの展開が楽しみです。(これは2014年10月23日現在の外部に公開された情報です。)

ーー新聞記事の引用ーー
2014年10月21日
 メガネレンズ専門メーカーの東海光学(愛知県岡崎市)はこのほど、短波長光をカットし、眼の色素「ルテイン」を保護するための世界初のレンズ「ルティーナ」を12月1日に発売すると発表した。

 「ルティーナ」は、目の健康を維持するアイケアの視点から開発された機能性レンズ。ルテインは、紫外線を含む短波長光を吸収して眼の疾患や老化の原因となる酸化ストレスを抑制する色素で、ルティーナで短波長光をカットすることで網膜中のルテインの劣化を防ぐことが期待できる。酸化ストレスやルテインの劣化に影響が大きい光を、同社の従来のレンズよりも約40%カットする。

 同社は、東京ビッグサイト(東京都江東区)で20日に開幕した「第27回 国際メガネ展(IOFT2014)」で発表会を開き、古澤宏和社長は、「ルティーナ」について「日常的にかけることで、まるでサプリメントを摂取するかのように目の健康を保つことができる。これからも今までにない価値を創出、提供し、生涯にわたって目の健康維持に貢献していきたい」と話した。

 また同社は「IOFT2014」にブースを出展。「ルティーナ」などのアイケアレンズに関するパネル展示に加え、網膜内のルテイン計測体験コーナーも設置している。「IOFT2014」の会期は22日まで。

ーー◎東海光学のページからの引用:ーー
第27回国際メガネ展「iOFT2014」に出展

2014年10月20日

第27回国際メガネ展「iOFT2014」が10月20日より22日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催。

一般の方にはメガネベストドレッサー賞で有名なiOFTですが、最新アイウェア・眼鏡関連製品などが世界中から一堂に出展するアジアで最大級の国際商談展です。

iOFTは今年で第27回目を迎えました。

東海光学は、「ずっと健康であるために」をテーマに、光からもっと眼を守る「アイケアデザイン」をスタート致します。

iOFT2014では「アイケアデザイン」のコンセプトの基、眼の中の黄斑部にある色素ルテインの損傷を防ぐ新素材レンズ「ルティーナ」を展示。紫外線+近赤外線ケアの「エターナルスキンコート(ESC)」、レンズ裏面から受ける紫外線を約95%カットする「P-UV」の2つのコーティングをご紹介しています。

「脳科学メガネレンズシリーズ」のフラッグシップ商品、ニューロインディビジュアル設計・両面累進設計の遠近両用レンズ「ベルーナ ニューログラン」を展示。「ⅰロケーションリミックス」により、iPadと専用のアプリを用いることで、目とレンズの立体的位置関係を設計に反映し最適化する、最新技術の体験を通じてご紹介しています。

また、見た目年齢を引き下げる新発想ご褒美カラーコート「肌美人」体験コーナーの実施や、患者様のお声をもとに実現した遮光眼鏡レンズの新カラー、「クリアで」「軽く」「強い」トータルバランスに優れた新素材レンズ「トライオス」などを展示。

今回は、日本メガネベストドレッサー賞を受賞されました葛西紀明さん(スキージャンプ選手)と石原さとみさん(女優)が、東海光学ブースへご来場され、展示コーナーの「アクティビュー」と12月からの新商品「ルティーナ」をご見学されました。

市場のニーズを先進の技術と独創のアイデアでカタチにした、多彩な遠近両用レンズを始め、商品・技術・情報が満載のTOKAIブース。健康・予防・安心・安全の視点から商品化を行い快適な視生活を提供いたします。これからも東海光学のメガネレンズにご期待ください。

Categorised in: 未分類