お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年10月19日

5929:信長協奏曲⑤を読みおえました

imagesY7C4YB6X
新宿駅の地下通路にこの信長協奏曲の大きなポスターが出ていました。テレビの第一回での各登場人物が電車に乗っています。

さて本日までに、信長協奏曲⑤⑥⑦⑧を読みおえました。一つ一つの事件は聞き覚えていても信長を取り巻く環境がどう変化して歴史が紡がれていったのかといったことがよく理解できます。戦国のマキャベリ:松永久秀は注目の人物です。

無題
⑤のストーリーは

第22話 不穏:永禄12年(1569年)、信長は軍団を4軍に分け、柴田勝家、丹羽長秀、明智光秀、木下藤吉郎を各軍の将とした。
 
第23話 戦国の梟雄:梟とは大和の松永久秀。現代からタイムスリップしたヤクザというお話。将軍義昭の密書を信長に示す。羽柴秀吉の但馬掃討は順調。朝倉討伐が始まる。

第24話 金ヶ崎:市の嫁した浅井家は朝倉家との付き合いが深く、朝倉家を攻める信長を裏切り背後から浅井家が攻める。その裏切りを市は両端を結んだ小豆で信長に伝える。1570年。のちに「金ケ崎の退きぐち」と呼ばれる。

第25話 逃走中:殿軍を引き受けたのは羽柴秀吉。若狭の熊川を通って朽木谷へ、京に至る。同行したのは松永久秀。

第26話 逃走中② 朽木谷領主朽木元網が前に立ちはだかる。しかし、途中の川で助けた少女が朽木の妹であったりして無事に通過を許される。

第27話 到着…!:金ケ崎を退却して丸2日京にたどり着く。柴田、丹羽が戻る。殿軍の羽柴に伴って明智と竹中半兵衛も無事京に戻った。殿軍に加わった明智と竹中は羽柴秀吉の裏切りを案じたのか?負けを見せた織田軍団に襲い掛かる各勢力、元亀騒乱の始まり。
ーーーーー

Categorised in: 未分類