お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年10月12日

5913:東京都、都立公園に保育所 待機児童解消へ駐車場など活用

360_270(近隣の新砂保育園です)

東京都、都立公園に保育所 待機児童解消へ駐車場など活用

 東京都は都立公園に保育所を整備する方針だ。地価の高い都内では施設用地の確保が難しいため、公園を有効活用する。今後10年の都政の指針として年内にまとめる「長期ビジョン」(仮称)に盛り込み、具体的な開発手法の検討に着手する。保育所に入れない待機児童の解消に向けた新たな施策とする。

 現在、都立公園は81カ所ある。緑地は事実上、手を入れることが難しいため、駐車場などを使えないか検討する。例えば用地を立体活用することで、駐車台数を減らさずに新たなスペースを確保できるとみている。

 原則として福祉施設の建設を認めていない都市公園法などの規制緩和も国に働きかける。都立だけでなく、都内に約7800カ所ある区市町村立の公園にも共通して導入可能な仕組みづくりを目指す。

 2014年4月時点で都内の待機児童は前年比555人増の8672人と過去最多を更新した。

清澤眼科医院院長としての清澤のコメント:
 眼科医院の女子職員にはちょうど子育てに入る年齢層の人が多いのです。現在、育児休暇が明けて乳児を保育園に預けながら勤務してくれている職員が2名、現在産休中の職員が1名、そして具体的に産休入りを予告している職員も2名います。
 これからも家庭もしっかり、仕事もしっかりできる職場にしてゆきたいと思っておりますから都が保育園の充実を図るというこの政策には大賛成です。

Categorised in: 未分類