お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年9月28日

5858:ビジネスアイデアが優れているかを評価する8つの基準;の紹介です

ビジネスアイデアが優れているかを評価する8つの基準:税理士さんからの今月のメルマガです。

すべての事業はアイデアからスタートします。新規事業のアイデアを思いつくことは、とても素晴らしいことです。

アイデアが生まれたら、次の基準に沿ってアイデアが優れた機会なのかを評価しましょう。そしてぜひアイデアをブラッシュアップさせてください。

最初に考えることは「あなたの顧客は誰か」

基準1.顧客がある程度明確に定義されており、フォーカスされているか?

最初は「あなたの顧客は誰か」という質問です。御社にとってより重要で核になる顧客は誰なのかを絞り込まなければいけません。

最初の顧客を得るために顧客を絞り込み、御社にとって本当に重要な顧客に響くメッセージを考える必要があるのです。

(答:もちろん眼科疾患を持つ患者さんですよね。住所は江東区南砂町駅近辺とそれ以遠の方でも神経眼科疾患などのある方であれば。)

基準2.ターゲットとなる市場がどこか? そしてそれは比較的大きいか?

家族経営で食べていくだけならば、この質問を考える必要はあまりありません。しかし、多くの起業家はもっと大きな目標を持っているでしょう。その際に、市場規模がどの程度なのかをしっかりと把握しておきましょう。

(答:上に同じ)

基準3.市場の成長は20%を超えているか?

市場が成長している方が、軌道に乗ったときに追い風を受けられ有利です。市場の成長が企業の多少の弱点をカバーしてくれるのです。そのため、市場は伸びているのか、縮小しているのかを調べます。ベストなのは、20%を超える伸びを示している市場です。

(答:オルソケラトロジーなら20%はあるでしょう。眼科の一般診療にそこまでの成長はまず無理です。)

基準4.粗利率は40%を超えているか?

投資家のウォーレン・バフェットは、企業の投資対象として粗利率を以下のような基準で判断しています。

・粗利益率が40%以上の企業=永続的競争優位性を持っている可能性が高い

・粗利益率が40%以下の企業=業界の競争が厳しく、利ざやが圧縮されている可能性が高い

・粗利益率が20%以下の企業=競争が激しい業界に属しており、永続的競争優位性を構築することができない

まず、自社の粗利益率がどの程度の水準になっているか、客観的に評価しましょう。

(答:診療所にこの質問は適さないかもしれません。今度税理士の先生に聞いてみましょう。)

海外市場へのアプローチも視野に入れよう

基準5.購買頻度が高く、頻繁に購買される商材か?

あなたにとっての平均的な顧客は、どのくらいの頻度であなたの商品を購入するのでしょうか?

また、どのくらいの価格を支払う意思があるかを考えましょう。

(答:むやみに来院回数を保つわけにはゆきません。必要に応じてということですが、この数字には考えてみる価値がありそうです。米軍の退役者の健康診断は海外市場を意識したものです。)

基準6.直接・間接的な競合が比較的少ない市場か?

直接的な競争相手は、あなたのビジネスの成功に最も密接に関係しています。それらの相手とどのような差別化ができ、競争優位を持続できるかどうかがカギになります。

また、将来的にあなたの顧客が間接的な競争相手や代替品に関心を持つかどうかにも注意を払っておく必要があるのです。なぜなら、業界の変革は隣接する他業種からも引き起こされる可能性があるからです。

(答:眼科医療でも技術革新は常に起きています。それに遅れないためには日々の積極的な勉強が必要ですし、受け身の受講ではなくて、苦しくても自分で発表するような機会を抱え込む姿勢が必要です。)

基準7.規制が少ない市場か?

規制の多い市場では、顧客と規制の両方を注視しながら事業を展開しなければならず、難易度が上がります。一方、起業当初はあらゆる選択肢を実行して粗利を稼がなければなりません。そのとき、規制が大きく立ちはだかります。

(答:医療に規制はつきものです。診療所やコンタクトレンズ販売所に対する設置基準など、瑕疵がないことは絶対の条件です。)

基準8.世界的なアプローチが可能か?

世界の市場はグローバル化しており、海外へ目を向けることによって事業の可能性は大きく広がります。日本での成功よりも簡単に成功できる市場が海外にあるかもしれません。あなたのアイデアが海外へアプローチ可能かどうかをチェックしましょう。

(答:そこまでの先見性プロスペクトは持ちにくいですが、眼瞼痙攣が睡眠薬や精神安定剤に関連しても発症するという若倉先生のアイデアを伺い、それを証明する方向で進めた患者さんや後輩を巻き込んでの研究という試みは良かったかもしれません。今後10月から始まる蕪木先生たちと組んでの眼瞼痙攣の原因遺伝子の網羅的な検索も患者さん方にそれが起きやすい体質をお知らせできるはずですから、還元できる部分は大きいはずです。先の望みは大きいと自負しています。)

上記の評価軸にあてはまらないからといって、それが優れたアイデアではないわけではありません。良いバランス感覚を持って自分のアイデアを見直してみましょう。

細谷会計事務所からのメールマガジンからの話題でした。
| 企業経営 | 更新日:2014.09.12

Categorised in: 未分類