お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年9月27日

5852:御嶽山噴火、8人けが=山頂に登山者多数

御嶽山噴火、8人けが=山頂に登山者多数—長野・岐阜

2014 年 9 月 27 日 17:07 JST 更新

 長野・岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)で27日正午前に起きた噴火で、長野県側の木曽広域消防本部は、山頂付近で8人が負傷したとの情報を明らかにした。うち1人は骨折の重傷、他は軽傷という。長野県警などが被害状況を確認している。

 長野県警によると、山頂付近には登山者ら約250人がいたとみられる。4人が灰に埋まり、1人が救助されたとの情報がある。多数の登山者が山小屋に避難した。

 また、木曽消防署には27日午後2時15分ごろ、登山者とみられる人から「山頂付近の登山道で、倒れている人が複数いる」と通報があった。

 ふもとの同県王滝村は同日午後0時半、災害対策本部を設置した。村によると、登山者の多くは山頂から東側の黒沢口や南東側の王滝口に向け、下山を始めている。村は登山者の救助のため、王滝口がある田の原地区にマイクロバス4台を派遣した。

 気象庁によると、噴火は27日午前11時53分ごろ発生。御嶽山の噴火は2007年3月以来で、同庁は噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げた。

 同庁は火口から4キロ程度の範囲で、大きな噴石に警戒するよう呼び掛けたほか、周辺の王滝村と木曽町、岐阜県高山市、下呂市に対し、火口周辺で入山規制などをするよう求めた。 

[時事通信社]

Categorised in: 未分類