お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年9月12日

5822:うつくしいくに にほん:ラーマン エムデイ カリール

うつくしいくに にほん
ラーマン エムデイ カリール、M.B.B.S., Ph.D.

わたくしは、9ねんまえ アメリカからにほんにきました。
なりたからおおふなまで なりたExpressにのりました。でんしやのなかにらくがきは ありませんでした。そうじが してありました。とてもきれいでした。

 わたくしは、かまくらに9ねんすんでいます。ときどき りよこうします。ほつかいどうや、きようと、ながさきへいきました。かんこうちは どこへ いっても、どうろに ごみはありません。はなが たくさんあります。
きようとで、きんかくじをみました。きんいろのおてらが いけにうつって
ひかっていました。

 それから、オフィスがいの こうそうビルディングがすばらしいです。ずっとみあげていると、くびがいたくなります。でも、あきません。

 にほんできれいなものは、けしきだけではありません。にほんじんは、ひとにしんせつです。みちが わからないときや、ことばがわからないとき、ていねいに おしえてくれます。やさしいです。

 わたくしは、ときどき Tokyo Ikashika daigaku にいきます。にほんで 「いは、じんじゅつです」と、ききました。「いしやは、おもいやりとあいじようが たいせつです」とおしえてもらいました。

 にほんには、めでみて きれいなところや、きれいなものがたくさんあります。
そして、にほんじんは、おもいやりのこころをもっています。
にほんのうつくしさは、みるうつくしさと こころのうつくしさです。
これからも、うつくしいにほんを たのしみたいです。
ーーーーー
清澤のコメント:
子供の作文のようですが、今回当医院に学術と通訳などの業務で非常勤職員として入ってくださったバングラデシュ人の放射線科医師で日本への永住権も持つラーマンさんの日本語教室の文集に寄せた文です。奥さんは日本人の医師です。

彼は常日頃、「日本とバングラデシュの懸け橋になりたい」と言っておいでです。

「美しい国、日本」:
美しい国(うつくしいくに 英訳:Beautiful Country[1])とは、「日本国の安倍内閣が国民と共に目ざす」と宣言した国家像である。『活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自律の精神を大事にする、世界に開かれた、「美しい国、日本」 』と定義されていました。どこかで彼の耳にも残ったのでしょう。しかし、最初の安倍内閣の後では、この言葉はあまり使われなくなったようです。

Categorised in: 未分類