お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年9月7日

5800:ハーバード大学75年の研究が明かす!将来性のある男の特徴:の記事紹介

imagesPOPDCMVQ
ハーバード大学75年の研究が明かす!将来性のある男の特徴:の記事紹介
要約

・ハーバード大学が75年間かけて「将来性のある男」について研究した結果

・仕事での成功と「IQ」は関連がなく、収入差にもつながらない。

・「穏やかな人間関係」を築けてる人は専門分野で成功をおさめやすい。

・「母親と暖かい関係」が築けていた男性は、そうでない人に比べ年収が高い。

【つづきを読む:THE HUFFINGTON POST】
清澤の感想:そうか、・「穏やかな人間関係」を築けてる人は専門分野で成功をおさめやすい。人生の後半においては個人のパフォーマンスよりも、助けてもらえる人望やチームを引っ張ってゆく力が大切というのは重要な点でありそうですね。 子供がパートナーを見極めるのに成長期における「父親と女児とのふれあい」も大切というのも、貴重な教訓でありましょう。

ーーーTHE HUFFINGTON POST:本文の要点を引用ーーー
ハーバード大学75年の研究が明かす!将来性のある男の特徴
投稿日: 2014年09月05日 17時20分 JST

ハーバード大学が75年間をかけ、268人の男性を大学在学時から追跡し、IQや家族との関係など、あらゆる角度から研究した結果。

■仕事で成功するのに重要な要素は?

仕事での成功とIQはあまり関連がない。具体的には、IQ110~115の男性の間とIQ150以上の男性を比較しても、収入の差はほとんどないという結果。

しかし、「暖かな人間関係を築けているか」という検証項目について高得点だった人の年収は、平均して年間1440万円と高く、強い相関関係がある。また、「暖かな人間関係」を築けている男性は、そうでない男性に比べ、専門的分野で成功を収めた人が約3倍もいた。

成功も規模が大きくなればなるほど、多くの人の協力を得る必要が出てくる。年齢が上がるにつれ、個人的なパフォーマンスよりも、チームを率いて成果を出すマネジメント能力やリーダーシップが重視されるようになるので、多くの人が協力してくれる「暖かな人間関係」を築ける能力の方が、IQや個人的な能力の高さよりも重要度は増していくと考えられる。

■幼少期の母親との「暖かな人間関係」はとても重要

幼少期の母親との関係と年収の相関関係について、幼少期に母親と暖かい関係を築けていた男性は、そうでない男性と比べ、年収が平均約890万円も高い。

■女の子は父親のスキンシップで「男を見る目」が養われる

子供が女の子の場合は、父親との関係が恋愛に影響を与える。アメリカの心理学者、フィリス・K・デイビス博士の著書『パワー・オブ・タッチ』によると、子供が女の子の場合、父親が乳幼児から愛情を持って触れていると、「愛情があって触れてくる男性と、そうではない男性とを区別できるようになる」とのこと。

■何より大切なのは「人間関係」
調査結果が示すのは、「周囲の人と暖かな人間関係を築ける人」があらゆる意味で成功する、ということと、子供をそうするためには、親が幼少期に子供としっかりとした関係を築いたり、スキンシップをすることが重要。

忙しいとどうしても子供とのふれあいは少なくなりがちですが、子供の将来にとって、両親との関係は大きな影響を与える。
ーーーーーー

Categorised in: 未分類