お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年8月27日

5759 細隙灯の修理にタカギセイコーのKさんが医院まで駆けつけてくださいました

5759 細隙灯の修理にタカギセイコーのKさんが医院まで駆けつけてくださいました
slit_3
先週は急な要請にも関わらず、長野から細隙灯の修理にタカギセイコーのKさんが医院まで駆けつけてくださいました。もしかしたら用があって都内においでだったのかもしれませんけれど。そんなわけで私も大学での診療が済んだところで医院に駆けつけて修理の様子を見せていただきました。

 この細隙灯は故障も少なくて、当医院ではなんと3台同じ機械を使用しています。今日故障したのは当医院では初代の機械で、導入時にスイッチ付きで単眼の眼底鏡とスキアスコピーを入れる部分を特注で付けてもらったものです。もう開院以来ですから9年にもなりますが、今まで本当に不具合なく働いてくれたのです。(お勧めできます。)

 今回の故障は、スリットランプの軸がなんとなく揺らいでしまうというもの。納入業者R社の担当者Oさんが昼前に見てくださいましたが、メインのねじを締めても安定しません。要請を受けて夕方駆けつけてくださったKさんは、驚いたことに私が到着したときには携帯電話にイヤホンを付けて両手を空け、本社の技術者から「その真ん中のねじを外してジョイスティックの上の台の部分の蓋を取り、次の右のねじは6角レンチで外して、軸を入れ直してみてください」という感じで電話の指示を受けながら作業を進めておいででした。もともと技術力は間違いのないKさんですから、きっとさらに難しい故障だったのでしょう。本日は1時間ほどで応急修理を終わり、来週部品を持って本格的な修理をしてくださるということになりました。
 これで、明日と明後日の神経眼科外来に細隙灯が働けます。感謝。

追記2014、8,27 本日は水曜午前に足りなかった部品を足して修繕の完成に至りました。感謝、さらに感謝
ーーーーー

Categorised in: 未分類