お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年8月24日

5749:米スタバで後続客にコーヒーごちそう、「善意の連鎖」11時間続く:の記事です

5749:米スタバで後続客にコーヒーごちそう、「善意の連鎖」11時間続く:の記事です
無題
米スタバで後続客にコーヒーごちそう、「善意の連鎖」11時間続く:

清澤のコメント:米フロリダ州のスターバックスで、ドライブスルーの利用客が、次の客にアイスラテをおごったことがきっかけとなり、後続の利用者にコーヒーをごちそうする「善意の連鎖」が広がったという訳のわからぬニュースが流れています。この記事を読んで、私は筋委縮性側索硬化症の基金に寄付するために有名無名の人々多数が氷水のバケツを被るという運動が広がっているというニュースを思い出しました。(「アイス・バケツ・チャレンジ」と呼ばれ、治療法が確立されていない難病『筋萎縮性側索硬化症(ALS)』という病気 …)したければ自分が篤志の寄付をすればいいだけで、他人を指名したり氷水を被らせるというのは無意味なだけではなく、危険でさえあると思います。余計なお節介というか?善意の押し売り?不幸の手紙みたいじゃありませんか?
 わたくしも朝カフェラテを2杯買って、朝早く出社して来た職員をねぎらうことはありますが、このような相手のわからない次の客にコーヒーを振舞うという行為の正邪に関してはむしろ懐疑的です。むしろ、シルバーシートに座っていた時に老人が目の前に立ったら、寝たふりはしないで、席を譲るくらいの親切のほうが無理がないように思いました。

ーー記事の引用ーー
米スタバで後続客にコーヒーごちそう、「善意の連鎖」11時間続く

2014年 08月 22日 16:50 JST
 8月21日、米フロリダ州のスターバックスで、ドライブスルーの利用客が、次の客にアイスラテのトリプルグランデをおごったことがきっかけとなり、後続の利用者にコーヒーをごちそうする「善意の連鎖」が広がった。写真は同社のロゴ。2010年1月撮影(2014年 ロイター/Joe Skipper)

[タンパ(米フロリダ州) 21日 ロイター] – 米フロリダ州のスターバックス店舗で20日朝、ドライブスルーの利用客が、次の客にアイスラテのトリプルグランデをおごったことがきっかけとなり、後続の利用者にコーヒーをごちそうする「善意の連鎖」が広がった。

店長によると、この連鎖は午後6時ごろまで約11時間にわたって続き、ごちそうされたコーヒーは、457杯に達した。  店員らは、連鎖がどのように終わったかは分からないが、次の人のコーヒー代金を払いたくない、または払えない人が出たと理解したという。

この店舗では21日午前にも、地元メディアの報道を耳にした人たちが集まり、同様の連鎖が発生。参加者は午前中に100人に達した。こうした連鎖は数カ月前にも起き、141人に広がったという。
ーーーーーー

Categorised in: 未分類