お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年8月15日

5722 証拠ない…ローラさん父、処分保留で釈放:の記事です

無題
証拠ない…ローラさん父、処分保留で釈放:なのだそうです。
先日の国際指名手配、そして荻窪署への出頭の続報です。
かわいいお嬢さん方には常に優しい「おじさん」としては、それはそれで「ローラさんの為にもよかったね」であり、「娘のために入獄覚悟で出頭した父親にもよかったね」なのですが、今後はこのような「海外での医療費に関連した詐欺」は行いにくくなることを期待いたします。電話でもファックスでも病院に裏を取れば大概はばれるような簡単な詐欺でしょうから。また、民間の旅行者保険なら多分その国の関連保険会社を通じて裏を取りそうな気がいたします。
しかし、警察は国際指名手配という大技を繰り出したにしては尻すぼみだった様な印象ですね。また、バングラデッシュ人の友人は、彼の国の信用を傷つけるものとして、そのような不良行為をする人がいるとすれば困ったものだ、といっておいででした。あくまで個人の問題なのですけれども。
ーーーーーー
2014年08月15日 21時32分

 東京地検は15日、警視庁に詐欺容疑で逮捕されていたバングラデシュ人の住所・職業不詳、ジュリップ・エイエスエイ・アル氏(54)を、処分保留で釈放した。

 ジュリップ氏は、タレントのローラさんの父親。同地検は「現時点で起訴できるだけの証拠はなく、今後は任意で捜査を進める」と説明している。

 ジュリップ氏は同国人の男と共謀し、男が同国内で入院したとする偽の診断書を東京・世田谷区役所に提出して国民健康保険の海外療養費約87万円をだまし取ったとして、先月逮捕されていた。
ーーーー
外国で病気やけがで医療機関を受診する場合(ウィキペディア)

外国では日本の公的医療保険は使えないが、外国でけがや病気になって現地の医療機関を受診した場合、国外で支払った医療費について、帰国してから加入している保険者に請求することのできる海外療養費という制度がある。ただし、手続きには診療内容明細書(診療の内容、病名・病状等が記載された医師の証明書)と領収明細書(内訳が記載された医療機関発行の領収書)、およびこれの和訳文が必要となる上、公的医療保険から支給される金額は日本での同様の病気やけがの医療費(標準額)と支給決定日の外国為替換算率を基準に算定されるため、外国でかかった医療費が高額な場合は公的医療保険から戻される割合が低いことがある。

また、救急車代(外国では基本的に救急車は有料)などは対象にならないことや、一時的に医療費を立替払いする必要が生じるため、海外旅行傷害保険を契約(クレジットカードによっては標準でセットされていることも多い)しておくと、医療費の請求を保険会社に回すことができ、主要国では現地での日本語によるサポートが受けられることが多い。海外旅行傷害保険から医療費が保険金の形で降りても、公的医療保険の海外療養費の支給額が減額されることはないとのこと。
なのだだそうです。

Categorised in: 未分類