お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年8月14日

5714 忘年会「院長と同じ鍋はつつきたくない!」という記事です。

5714 忘年会「院長と同じ鍋はつつきたくない!」という記事です。

お盆でお休みです。
当医院でも忘年会の幹事を決めて、12月の会場選定をすでに始めてもらっています。そこで見つけたのが少し古いのですが、日経メディカルのページにあった「院長と同じ鍋はつつきたくない!」というショッキングな記事。採録してご紹介しましょう。(http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/sakai/201311/533720.html)

ーー要点を採録ーー
「院長と同じ鍋はつつきたくない!」
不人気忘年会から考える幹事の心得
2013/11/26

 ーー勤務医時代の私は宴会の幹事をすることが多かったのですが、お店選びにはいつも頭を悩ませました。基本的に割り勘なので、会費のことも考えなければなりませんし、なるべく個室があるお店を探します。というのもお酒が入るとつい口が軽くなって、宴会中に院内の話や患者さまの話をしてしまうことがあるからです。

某診療所、スタッフの参加率が低くて忘年会が中止、そのワケは?
 そのクリニックに仕事に行くと、「スタッフの参加率が悪いので、忘年会は中止になりました」と言われました。スタッフの参加率が悪い? どういうことなんだろう……。

 そのクリニックのスタッフは全員が近所の主婦で、子育て真っ盛りの30歳代が中心です。彼女が話してくれた忘年会不参加の理由は、3つありました。

1 夜の忘年会は参加しにくい
 女性が院長の他のクリニックのお食事会は、土曜の仕事が終わった後、おしゃれなお店のランチで開催されることが多い。

2 店が気に入らない
 院長行きつけのお寿司屋さん。院長のお気に入りのお店のことをとやかく言うのは気が引けるのですが、、

3 鍋料理が嫌だ
 「オジサンの院長と同じ鍋をつつくのが嫌なんです」若い女性のスタッフたちは、かなりの確率で「鍋は嫌」という返事。

 クリニックの忘年会は、院長がスタッフをねぎらうという意味合いが強いのではないかと思います。お会計もすべて院長持ちですし……。でも、それならスタッフに喜ばれる会にしなければ、もったいないなぁと思います。

 お店選びも予算だけ伝えて、スタッフに任せてしまうのはどうでしょうか? これは私も反省したのですが、職場の忘年会では、あまり鍋料理は選ばない方がいいのかもしれません。
ーーーー
清澤のコメント:著者は眼科医で、クリニックで非常勤の仕事をしておいでの先生だそうです。なるほど、というところです。年末の忘年会の準備をしてくれている幹事さんにこの記事を見せ、私はお任せしますよトお話ししました。ちなみに、念い何回かおこなわれるスタッフの歓送迎会はお昼休みに行っています。

Categorised in: 未分類