お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年8月11日

5704:2016年に国立大の研究崩壊へ引き金が引かれる;の記事です。

2016年に国立大の研究崩壊へ引き金が引かれる (Blog vs. Media 時評から引用) 2014.06.28 Saturday
http://blog.dandoweb.com/?eid=17530920130602ronbun
 「骨太の方針」が決定された後、読売新聞が再来年から国立大交付金を重点配分する政府方針を報じました。手を出すべきでない愚策であり、先進国で唯一、論文数が減少中の日本の研究体制が崩壊する日が見えてきました。2004年の国立大学独立法人化からボタンの掛け違いが始まっています。独立法人にすることで大学の裁量幅が広がるどころか、人件費・諸経費を賄っている国立大交付金を絞り続けて10年間で13%も減額され、研究費を外部から獲得する競争に研究者は追われるようになりました。人件費縮小は若手研究者ポスト縮小に直結しました。「重点配分」を求める財務省は大学教員は多すぎると考えているのですが、研究を担うのは人である点を忘れています。

 「骨太の方針」には「国立大学法人への運営費交付金を抜本的に見直す」と書かれており、読売新聞は1兆1千億円の4割を「学長のリーダーシップや学力向上などを評価の基準に使い、改革に積極的に取り組む大学に重点配分する」と伝えました。第363回「大学に止めを刺す恐れ大、教育再生会議提言」で掲げている、先進国中で日本の論文数だけが特異に減少しているグラフが以下です。太い赤線グラフの異様さが重点配分論者の目には入っていないのでしょうか

(以下略:⇒出典全文にリンク)

清澤のコメント;先進国で日本だけは発表論文数を減少させています。行政の方針を立てる担当者が、「研究を担うのは人である点を忘れています。」という視点はおそらく正しいのでしょう。

Categorised in: 未分類