お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年8月5日

5684 第52回日本神経眼科学会:演題締切接近中

banner02
第52回日本神経眼科学会は千葉大学大学院医学研究院眼科学の主催で開かれますが、その演題締切が8月7日に迫っています。

会 期 : 2014年12月12日(金)、13日(土)
会 場 : 幕張メッセ
会 長 : 山本 修一 (千葉大学大学院医学研究院 眼科学 教授)
事務局長 : 忍足 俊幸 (千葉大学大学院医学研究院 眼科学 講師)
メインテーマ : 神経眼科の治療学

私共も症例報告やら、もう少し大きい演題やらを発表しようと準備を進めていて、3演題をすでに登録し終わり、最後の一題は明日打ち合わせをして投稿を完成する予定です。今回は久方ぶりに複数演題の提出ができそうです。また、ランチョンセミナーの座長も一つお引き受けする予定です。

今回は、神経眼科相談医の講習会とその試験もあるそうです。
というわけで、メインのプログラムを学会ホームページから引用しておきます。

特別講演

「神経保護治療の開発に向けて」
中澤  徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野)

シンポジウム 1 「NMO最前線」

座長:毛塚 剛司(東京医科大学 眼科学教室)

「アクアポリン4抗体とNMO」
中島 一郎(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 神経内科学分野)
「NMOとMSの鑑別診断の最前線について(仮)」
森  雅裕(千葉大学大学院医学研究院 神経内科学)
「難治性視神経炎と特異抗体の関係(仮)」
毛塚 剛司(東京医科大学 眼科学教室)
「NMOラットモデルによる病態解析」
金森 章泰(神戸大学大学院医学研究科 外科学講座眼科学分野)

シンポジウム 2 「網膜・視神経の神経保護と再生」

座長:若倉 雅登(井上眼科病院 名誉院長)

「網膜・視神経の神経保護(医学の立場から)(仮)」
原田 高幸(東京都医学総合研究所 視覚病態プロジェクト)
「網膜・視神経の神経保護(仮)」
原  英彰(岐阜薬科大学 薬効解析学研究室)
「神経保護から再生へ」
忍足 俊幸(千葉大学大学院医学研究院 眼科学)
「視神経の再生(仮)」
山下 俊英(大阪大学大学院医学系研究科・生命機能研究科 分子神経科学)

教育セミナー 「もう神経眼科は怖くない」

座長:大出 尚郎(幕張おおで眼科/慶應義塾大学医学部 眼科学教室)

「視神経炎の診断と治療‐up to date」
中村  誠(神戸大学大学院医学研究科 外科系講座眼科学分野)
「神経眼科救急‐様子をみると怖い話」
後関 利明(北里大学メディカルセンター 眼科)
「眼瞼痙攣‐ドライアイ?眼瞼下垂?心因性?」
若倉 雅登(井上眼科病院 名誉院長)
「心療眼科ってなに?-非器質性眼疾患の診療-」
気賀沢 一輝(杏林アイセンター)
「神経眼科のロービジョンケア」
仲泊  聡(国立障害者リハビリテーションセンター病院 第二診療部)

Categorised in: 未分類