お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年7月22日

5651 佐川急便が小型廃家電を訪問回収 1箱約950円で:という記事です

imagesG1CDU2SF
佐川急便が小型廃家電を訪問回収 1箱約950円で:という記事が出ています。

杉並区では電話で粗大ごみの回収を区に依頼し、コンビニで粗大ごみ回収券を購入しテこれを指定枚数つけて出す仕組みです。しかし、不燃ごみなどに混じって出された回収券無しの粗大ゴミが残されているを目にすることもしばしばです。その点、この提案は電話番号も調べなくていいですし、かなり優れたアイデアのように感じられます。

なお、医院のごみは営業ごみなので専門業者に回収を依頼しています。また廃注射器などの医療ごみは専門の業者に回収に来てもらいます。さらにデータを読み取った4か月以上古いカルテ用紙は、秘密保持のまま溶解する業者にと別々の経路で排出しています。
ーーーーー
2014.7.22 19:10

 佐川急便は22日、小型の廃家電を利用者の自宅まで回収に行くサービスを開始したと発表した。宅配便の配送網を活用し、段ボール1箱当たり950円前後で回収する。小型家電リサイクル事業を手掛けるリネットジャパン(愛知県大府市)と組んで、1日から愛知県の一部で先行実施しており、2015年度末までの全国展開を目指す。

 パソコンや携帯電話、デジタルカメラ、ゲーム機など400品目以上が対象になる。段ボール箱は3辺の合計が140センチ以下、重さが20キロ以下なら詰める家電の数は問わない。自治体によっては料金が異なる場合がある。申し込みや決済はインターネットを使い、最短で翌日回収する。

 使用済みの小型家電は、貴金属やレアメタル(希少金属)など再利用可能な資源が豊富に含まれている。13年4月から「小型家電リサイクル制度」が始まったが、利用者からみると「近くに回収ボックスがない」「持ち込むのが面倒」といった理由で回収が進んでいないのが現状だ。

 佐川急便は、利用者の利便性を向上し、リサイクル促進につなげる考えだ。対象地域はことし9月末までに関東圏と中部圏を念頭に広げるが、具体的には今後詰める。
ーーーーー

Categorised in: 未分類