お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年7月12日

コロイデレミアchoroideremia患者のレチナール遺伝子治療Retinal gene therapy in patients with choroideremia

コロイデレミアchoroideremia患者のレチナール遺伝子治療:1/2相臨床試験からの最初の報告 Robert E MacLaren ほか

コロイデレミアは、CHM遺伝子の変化により起こるX連鎖性劣性疾病。それは Rab escort protein 1 (REP1)をコードします。私たちは、この疾病を持った患者に、アデノウイルス関連ベクターで符号化(AAV.REP1)したレチナール遺伝子治療の影響を評価した。このレチナール遺伝子治療実験の最初の結果は、網膜剥離のどんな負の効果をも克服する、改善された桿体および錐体機能と一致していた。これらの発見は、加齢黄斑変性症のような、コロイデレミアおよび他の疾病治療での遺伝子治療の評価を促進すことを支持をした。
ーーーー
背景
コロイデレミアは、CHM遺伝子の変化により起こるX連鎖性劣性疾病です。それは Rab escort protein 1 (REP1)をコードします。私たちは、この疾病を持った患者に、アデノウイルス関連ベクターで符号化(AAV.REP1)したレチナール遺伝子治療の影響を評価しました。

方法
多施設臨床試験では、コロイデレミアの6人の男性患者(35から63歳)がAAV.REP1ゲノム粒子を黄斑下に注入する処理をされました。視機能は、術前と手術の後6か月の比較のために、矯正視力、視野および網膜の感受性試験を含めました。

結果
通常は視力低下を起こすような処置による網膜剥離を経験するにもかかわらず、視野が狭く、悪い視力で高度なコロイデレミアの2人の患者では、矯正視力では21文字および11文字(視力表で4段と2段)が余計に読めました。他の4人の正常に近い視力の患者では、正常から1から3個以内の文字分まで回復した。視力における平均利得は3,8文字(SE 4、1)。

マイクロペリメトリーで測定された暗順応した最大の感度は術前23、0デシベル;(SEは1,3)で、術後には25,3デシベル(SE1,1)で2,3デシベルの改善。

すべての患者で、6か月にわたり、治療された目は(平均1、7[SE 1、0])網膜感度の増加を示した。それは網膜(r=0、82、p=0、04)の残存する面積mm2につき投与されたベクター用量と相関していた。

これとは対照的に、対照眼ではわずかで有意ではない減少(p>0、05)が、最大感度(0、8デシベル[1、5])および平均感度(1、6dB[0,9])の両方が示された。

ベクターが黄斑に処理されなかった1人の患者は、ベクターに露出された網膜色素上皮から残存する転位の島を含む偏心固視をベクター使用後に獲得した。

結論
このレチナール遺伝子治療実験の最初の結果は、網膜剥離のどんな負の効果をも克服する、改善された桿体および錐体機能と一致していた。

これらの発見は、加齢黄斑変性症のような、コロイデレミアおよび他の疾病治療での遺伝子治療の評価を促進すことを支持をした。

資金調達:英国保健省およびウェルカム・トラスト。
ーーーーーー
ランセット(383巻)、9923分冊、1129 – 1137P、2014年3月29日

Categorised in: 未分類