お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年7月2日

5601 日銀短観から試算した需給ギャップ、悪化後は大幅改善へ:との記事です

日銀短観から試算した需給ギャップ、悪化後は大幅改善へ

その記事の要点は、「疑似需給ギャップ」指数は昨年10-12月(5,9)、今年1-3月(7.9)、4-6月(6.2)と、需要超過で消費増税後も雇用ひっ迫感が強かった。さらに今年7-9月には(9,9)と大幅改善する見通しとのこと。

001

清澤のコメント:ギャップと言う単語は11月に勉強しました。デフレギャップとは、超過供給の大きさのこと。つまり、工場が商品を作り過ぎて、商品が売れ残っている状態、需要が不足している状態のその度合を示し。このギャップの大きさは、失業者数とも関係するそうです。それが、改善する傾向にあるという喜ばしいご宣託です。

 眼科医院の業績は季節的変動要因の影響が強いものの、同時に世間の景気にも大きく影響されます。「お金がないと多少歯が痛くても歯科医にはゆかないという人が増える。」と言う話です。

 前回それが大きく崩れたのは2008年最終四半期リーマンショック時でした。天候が不順だった今年2月頃にそれと似た患者さんの減少を感じましたが、その後は昨年度比やや弱めながら、大きくは崩れては居ません。一方、求人に対する応募状況はこのところずっと細っていて、人不足をひしひしと感じています。当医院でもボーナス支給日が近づき、少しでも職員に喜んでもらえるようにしようと、その検討を進めています。

ーーー記事の引用ですーーー

2014年 07月 1日 21:09 JST

 7月1日、日銀は短観の調査結果を利用して「疑似需給ギャップ」指数を作成している。写真は黒田総裁。都内で2013年12月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 1日 ロイター] – 日銀は短観(全国企業短期経済観測調査)の調査結果を利用して「疑似需給ギャップ」指数を作成している。そのデータが今年4─6月には1─3月と比べ悪化したものの、昨年10─12月と比べて改善し、今年7─9月には大幅改善する見通しであることが明らかになった。

見通し通りであれば、円安効果のはく落後も物価が、需給要因で上昇するとの日銀シナリオの実現性を高めそうだ。

この指数は「短観加重平均DI」。企業に対して設備が過剰か不足かを調査した結果である生産・営業用設備判断と、雇用が過剰か不足かを調べた雇用人員判断の指数に、それぞれ資本分配率と労働分配率を掛け合わせて得るデータ。

中小企業と大企業の動きを同じ重みで扱うため、雇用・設備のひっ迫感が大き目に現れるため、実際の需給ギャップよりも高い水準で推移する「クセ」がある。ただ、トレンドを読み込むという点では、試算に時間のかかる需給ギャップと並行した動きをみせることから、速報性に優れた指標として注目されている。

日銀は16日の金融経済月報公表時に数値を公開するが、短観をもとに独自に試算しているニッセイ基礎研究所によると、4─6月の加重平均DIは6.2の需要超過。

生産・営業用設備判断と雇用人員判断がそれぞれ過剰方向にシフトしたため、需要超過幅が、1─3月の7.9からは縮小したが、昨年10─12月の5.9より改善した水準となっており、消費増税後も企業に雇用ひっ迫感が根強いことを示している。

企業の先行き判断を元にニッセイ試算した加重平均DIは9.9の需要超過で、超過幅は拡大(需給ギャップは改善)する見通しだ。

日銀が政策運営の目安とする消費者物価指数(除く生鮮食品)は、消費税の影響を除いた実質ベースで4月は前年比1.5%まで上昇後、5月は同1.4%に縮小した。

2012年末以来の円安傾向が輸入物価を押し上げる力がはく落しつつあるためで、日銀は8月までプラス幅が縮小、その後は需給ギャップと人々の物価観の変化が物価を押し上げ、2015年度にも目標とする2%に達するとのシナリオを堅持している。

(竹本能文 編集:田巻一彦)
ーーー引用終了ーーー

Categorised in: 未分類