お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年6月6日

5513 6月7日は『緑内障を考える日』だそうです

6月7日は『緑内障を考える日』 緑内障フレンド・ネットワークが電話相談会を開催と言う記事が出ていました。緑(6)内(7)障に掛けた訳ですね。緑内障の啓発活動などを行う患者団体「緑内障フレンド・ネットワーク」は、6月7日の『緑内障を考える日』に合わせ、6月8~14日の7日間、緑内障に関する相談や悩みに電話で答える「緑内障ホットライン」を開設すると発表したそうです。

ーーー引用開始ーーー
[ヘルスケアニュース] 2014/06/02[月]

 緑内障は、眼球の中の圧力によって視神経が傷つけられ、視野が徐々に欠けていき、放置すると失明する危険性がある病気です。日本では40歳以上の20人に1人が発症しており、視覚障害となる原因の第1位と言われています。

 眼圧が正常値にも関わらず視野が欠けていく緑内障の一種である正常眼圧緑内障は、日本人の緑内障の約7割を占めます。眼圧検査だけでは発見できず、眼底検査、視野検査が診断の為に必要です。しかし、およそ9割の患者さんは病院に受診しておらず、失明を未然に防ぐために早期発見、早期治療が重要とされています。

疑問や不安にボランティアさんが回答

 そこで緑内障の啓発活動などを行う患者団体「緑内障フレンド・ネットワーク」は、6月7日の『緑内障を考える日』に合わせ、6月8~14日の7日間、緑内障に関する相談や悩みに電話で答える「緑内障ホットライン」を開設すると発表しました。

 この緑内障ホットラインは、患者さんが抱える病気への不安、医師に相談できない悩み事などを解消してもらうために、緑内障フレンド・ネットワークの患者会員さんがボランティアで相談を受けるというもの。2000年に同団体が設立されて以来、毎年開設されており、失明への不安をぬぐい切れない切実な思いや専門病院の問い合わせなど、毎回多数の問い合わせがあるといいます。このほかにも、緑内障フレンド・ネットワークは、書籍の出版、会員の集い、会報の発行などにより緑内障啓発活動を行い、一人でも多くの患者さんの力になれるよう努めるとしています。

≪緑内障ホットライン 概要≫

電話番号:03-3xxx-0169 (恐縮ですが、緑内障フレンド・ネットワークでお調べください。)

開催期間:
2014年6月8日(日)~14日(土)の7日間

開設時間:
10:00~15:30

相談内容:
緑内障患者さんやご家族からの悩み、一般の方からの緑内障に関する質問など。

対応者:
患者会員が対応します。専門医が直接お答えするものではありませんので、緑内障であるかどうかの判断、治療法などについてのご相談はお受けできません。
ーーーーー

Categorised in: 未分類