お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年6月6日

5511 新規の職員募集を開始します。

職員募集のお知らせ  (6月16日までに採用者を決定いたしました。関係者に感謝申し上げます。)
当医院では、来週初めから新規の職員募集を開始します。

院長秘書兼任・医療事務
テンポの速い職場ですから、のんびりとはできませんが、最初の数日務め始められれば、大概は長く勤めていただけています。今回は産休に入る方などもいて、採用面接を始めます。
(⇒トラバーユ参照)院長周りの重要な雑事と、日々のカルテのスキャン(手書きの神カルテをスキャンして保存するシステムを導入しています。)などをお願いする職員を追加募集することにいたしました。応募をお待ちいたします。

5日の葛南眼科勉強会の最初の演者は㈱ライブリー代表 山下 郁子さん。そのページを見ましたら、「これから社会人になる方に」という一文が出ていました。
ーーーー
【これから社会人になる方に】(抜粋で)

 離職の「七五三」をご存じだろうか。中卒で7割・高卒で5割・大卒で3割の方が就職して3年以内に辞めるそうである。「不況で、狭き門をくぐり抜けて入っても、忍耐がなく、怒られることに慣れていない若者はすぐに辞めてしまう。次の就職では、自分の価値は下がってしまいます。(私に)だまされたと思って、とにかく3年間は頑張ってほしいですね」。

 今は、携帯電話やインターネットの普及で、対面でのコミュニケーションの機会が充分ではなく、顔色をうかがう場面も少ない。敬語を使えず、目上の人との関係を築けない場合もある。「どんな場合でも、相手を大切に思う気持ちを意識し、それを行動として表すことが大切です。まずは観察をすること。今、相手は何をしようとしているのか、自分に手伝えることはないか探すことです。今、この人に何をしたら喜んでもらえるだろう、心の中にある相手への思いやりを行動に表すことで、よい人間関係が生まれます」。

 そして、笑顔を絶やさないこと。
 緊張していても、意識的に笑顔をつくること。明るい声を出すこと。「笑顔が相手の方に何かを届けることは必ずあるからです」。
 言葉づかい、立ち振る舞いはもちろん重要だが、その姿の奥にある「相手のためを思う心」を忘れず、持ち続けてほしいと山下さん。
ーーーーー
 ごもっともな発言です。

Categorised in: 未分類