お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年6月3日

5499 熱中症:1週間で1637人救急搬送…昨年同期の7倍

1129134i
熱中症:1週間で1637人救急搬送…昨年同期の7倍:と言う記事です

毎日新聞 2014年06月03日 19時03分(最終更新 06月03日 19時36分)

 総務省消防庁は3日、5月26日から6月1日までの1週間で、熱中症により救急搬送されたのは全国で1637人(速報値)だったと発表した。うち死者は4人。日本列島が高気圧に覆われて気温が上がった影響で、搬送者数は前週(352人)の5倍近く、昨年同時期(230人)の約7倍にもなった。

 同庁によると、搬送時の症状は、3週間以上の入院が必要な重症が41人、入院が必要な中等症が425人、軽症が1130人。年齢別では、65歳以上の高齢者が703人と4割余りを占めた。

 日別では、各地で猛暑日や真夏日を観測した31日が455人、1日が631人と集中した。

清澤のコメント:
 まだ梅雨には入らないのですが、夏の様に地面を焼く日差しを意識する週末でした。この間、多数の救急車が日本中を走り回っていたのですね。ゴルフに畑仕事にと仙台で久しぶりにお目にかかった昔のお仲間には、ずいぶん日焼けしていた人々が多かったですよね。
 良い天気に誘われてか、このところは、しばらく来ていなかった患者さんがちらほらと再来してくださっておいででした。その意味するところが何であるかは不可思議です。

Categorised in: 未分類