お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年5月22日

5460 バター:業務用7000トン緊急輸入へ 高騰抑制狙う:

img_81675fac83bcc3d92a903be32d7b557e126532
早くもクリスマスシーズンの製菓用バター7000トンの輸入が論じられているというのには驚きました。しばらく前にも無塩バターが品薄になって、料理教室用のバターを買いに走ったことがありました。今回は農水省が先手を打ったという事でしょうか。輸入量では5000トンと言う記事もあります。 

 調べてみましたら、それは2007,11,27の清澤眼科医院通信の記事でした。「クリスマスケーキ試作の季節なのに、お料理教室への問屋からの無塩バターの供給が止まりました。市場からバターが消えてしまったようです。原油の高騰との関連でも無いでしょうが、昨年来の生乳生産が減少からの減産とか、ネット記事にはわかったようなわからぬような理由が付いています。インターネットでの発注もほとんど出来ない模様です。昔の石油ショック時の塵紙不足を覚えている方は少ないでしょうね。」現在の世相では金も下落しそうな話ですし、物不足と言う予感はしないのですけれど。
ーーーーーー

バター:業務用7000トン緊急輸入へ 高騰抑制狙う

毎日新聞 2014年05月21日 21時14分(最終更新 05月21日 21時16分)

 農林水産省は21日、業務用の冷凍バター7000トンを緊急輸入すると発表した。品不足の懸念から価格が上がっているため、十分な供給量を確保して価格高騰を抑える狙い。バターの緊急輸入は2年ぶりで輸入量は過去最大規模という。

 バターの原料である生乳の生産量が、昨夏の猛暑や離農の影響で減少していることが背景にある。今月下旬から6月上旬に入札を実施し、11月末までに輸入して事業者に引き渡す予定。クリスマスケーキ用など今秋以降の需要に対応する。

 業務用バターは、農水省系の独立行政法人が輸入し、商社や乳業メーカー、菓子メーカーなどの事業者に引き渡す仕組みになっている。(共同)

Categorised in: 未分類