お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年5月18日

5454 マクドナルドの「メガマック」が復活の薀蓄

mega_400x364 医院にお昼休みにお客さんが来て、ちょっとお昼でもと言う場面ではアボガドバーガーも何回か食べていたのですけれど、あっという間に店頭から姿を消してしまったなーと思っていました。

 日経の記事によれば、マクドナルドの「メガマック」が復活するのは、アボカドバーガー品薄の影響なのだそうです。聞くところではアボガドバーガーの原価率は通常のハンバーグよりも高かったそうです。お客はそのハイカラ感と割安感に敏感に反応していたのかもしれません。アボガドバーガーでポテトをサラダに交換したセットは昔一緒に仕事をした高齢の御婦人にも好評でした。

 メガマックも悪くはないですし、材料は十分あるという事で良いのですが、医院の取引先のお姉さんとちょっとお食事をと言った外見もはばかる場面では、いくらハンバーグが好きだからと言っても、「あなたは自分の体重も考えずにそんなに食べるの?」と言われそうで、ちょっと頼みにくいかもしれません。

 200円のマフィンを100円に安くしたり、マックカフェのリーダーが名刺を兼ねた手紙付きの招待券を常連客に手渡して下さったり、本部直営である隣のマクドナルドが営業努力をしているのはひしひしと感じられます。このところのマック本部の対応は、下の記事にも書いてある通り、期間営業利益よりも期間売り上げ重視の方向のようです。

 別の記事(マック、V字回復と業績不振の10年、原田マジックの功罪 過度の改革で「現場力」低下)では、マック不振の原因は、経営を本部直轄からフランチャイジー中心に移した結果、雇用環境が劣化してしまって、慣れた店員の退職が相次ぎ、やがて店の将来を考えられるような店員が減ってしまって、現場が荒れた(現場力の低下)たからだったという内容の記事が出ていました。

 言われてみればこれは確かにそうで、私の場合は毎日見慣れた店員さんに一言とともにコーヒーを入れてもらうのが楽しい訳で、間違いないカフェラテならだれが入れてくれても良いと言う訳ではありません。まして1分を超えないようにするために、材料をぶち込んだハンバーグを出されたら、次回が無料だったからと言って喜ぶお客ばかりではないことは明らかです。

 要は、その仕事に愛情を持って従事できる店員をいかに確保するか?という事。それは、眼科医院でも同様です。あまり職員を忙しくさせれば、医師である自分もまた、視力の検査員も窓口事務職員も鈍感になります。目の前の作業をやっつけることに汲々とすることにもなり、相手を思う部分が抜け落ちてゆきます。其処が、小中学生が毎日のように受信勧告の紙をもって受診するようになった連休後の反省点です。

 外食産業、コンビニ、診療所はいずれも社会的には銀行とか証券業界、デパート産業などの様な花形で、手を汚さないで済む様な業種ではありませんから、多少世間の景気が上向くと、求人に対する応募者は急減するであろうかと思います。家あたりよりも労働環境の厳しいであろう「夜間の外食産業」が人員を確保できずに一時的にしろ一部店舗の閉店を余儀なくされているというのも、院長(=経営者)としては他人事とは思われません。

ーーー記事の引用ーーーーー
(2014/5/16 19:04)
 日本マクドナルドは16日、パティ(肉)を4枚はさんだ大型ハンバーガー「メガマック」を19~26日に期間限定で販売すると発表した。5月下旬までの販売を予定していたアボカドを使ったバーガーの人気が高く、店舗によっては在庫切れとなっているため、メガマックを約1年4カ月ぶりに“緊急登板”させる。

 同社は4月中旬に「アボカドビーフ」「アボカドえび」などアボカドを使った3商品を発売。女性を中心に好評で、完売した店舗が出てきた。メガマックは「ビッグマック」など従来販売している商品と食材が同じため、在庫切れの心配はないという。メガマックの単品価格は419円。

 同社はコンビニエンスストアなどとの顧客獲得競争が激しく、直近12カ月のうち9カ月の既存店売上高が前年実績を下回り苦戦している。久々のヒット商品も、在庫不足で水を差された格好だ。
ーーーーーー

Categorised in: 未分類