お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年5月10日

5429: 研究年報(2013年度) 清澤および医科歯科大神経眼科研究斑

2013 研究年報(暫定公表:未完成ですが完璧を期すといつになる事やらと言う訳で仮投稿いたします。)

英文原著
1. Murai H, Suzuki Y, Kiyosawa M, Tokumaru AM, Ishii K, Mochizuki M. Positive correlation between the degree of visual field defect and optic radiation damage in glaucoma patients. Jpn J Ophthalmol. 2013; 57: 257-262.

2. Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Ishiwata K, Oda K, Ishii K. A patients with hemidystonia and blepharospasm following traumatic injury. Journal of Neurology & Neurophysiology. 2013; 4: 153. doi:10.4172/2155-9562.1000153

邦文原著
1、木内 大佑(, 久永 貴之, 清澤 源弘, 安堂 真実, 下川 美穂, 東 健二郎, 志真 泰夫緩和ケア病棟における眼瞼けいれんの特徴と苦悶様顔貌との関連性について (原著論文)
 Palliative Care Research 8巻1号 Page168-176(2013.06)

2、小野田直子,小野木陽子,清澤源弘、心因性視覚障害を持つ小児への臨床心理的介入の試み、邦文原著も眼科臨床紀要インプレス。

著書,総説
1、鈴木幸久、清澤源弘 反射の検査とその意義 角膜反射・毛様体脊髄反射 反射―What’s new and what’s classic ? Clinical Neuroscience Vol.31 (13年) 08月号
(https://www.kiyosawa.or.jp/archives/53990671.html)

2、江本有子,江本博文.内斜視(両内直筋後転,前後転).イラスト眼科手術シリーズIV 斜視手術.pp.26-26. 若倉雅登 (監修) .金原出版 2013.

3、江本博文,清澤源弘.視力障害/視野障害(物がみえにくい) Visual disturbance, and visual field loss. pp.103-104. 神経・精神疾患診療マニュアルIV 神経・精神症候からのアプローチ~主要神経・精神症候と鑑別診断~.北川泰久,寺本明,三村将(監修).南山堂 2013.

4、江本博文.眼瞼けいれん.pp.63-66.目の解剖と病気.((眼科ケア2013年冬季増刊).pp 眼科ケア編集委員会.メディカ出版 2013.

5、清澤源弘 【第二特集】知っておくと役に立つ! 5大疾患の患者さんの見えかた <2>緑内障(視野狭窄)眼科ケア2013年12月号 メディカ出版

6、清澤源弘 臨床生理学講座 第3版 生理機能検査学(2014年1月20日第3版第7刷;改訂) 眼底検査法 320-337p

学会発表等
1、清澤源弘「神経眼科における、解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴」 第8 回多摩眼科フォーラム 2013年3月23日 小田急ホテルセンチュリー サザンタワー

2、清澤源弘 第10回「眼瞼・顔面けいれん友の会」例会 2013年 3月16日 興和ホール 新日本橋・興和創薬ビル

3、大野直則、村井秀樹、鈴木幸久、徳丸阿耶、石井賢二、清澤源弘、望月 學、網膜色素変性症患者における視放線軸索密度の変化、第117回日本眼科学会総会、2013.4.4-7、東京

4、「ボトックスⓇ注射前後の自然視野Functional Field Score (Colenbranderグリッドテスト)とグレアとVFQ25の変化」 清澤源弘、加茂純子 眼瞼・顔面けいれん友の会、秋の交流会 2013年10月19日 東京都中央区

5、鈴木幸久、糖尿病網膜症の管理と治療、糖尿病合併症検討会、2013.6.13、静岡県清水町

6、小野田 直子 小野木陽子 清澤 源弘 児童の心因性視覚障害への臨床心理的介入の試み 第7回 心療眼科研究会 2013年6月29日 TKP大手町カンファレンスセンター テーマ:眼科における精神科プライマリケアの実践

7、鈴木幸久、清澤源弘、若倉雅登、望月 學、石井賢二、眼瞼痙攣患者にみられた体性感覚運動野の灰白質密度増加、第28回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会、平成24年大塚任・所敬学術奨励賞受賞者記念講演、2013.7.15、東京

8、神作明裕,江本博文,江本有子,清澤源弘.シャルル・ボネ症候群の視力良好例.第51回日本神経眼科学会総会,秋田,2013年11月.

9、西山友貴,江本博文,内田亜梨紗,宮後宏美,倉田あゆみ,佐藤友光子,説田雅子,清澤源弘.眼振のない動揺視の一例.第51回日本神経眼科学会総会,秋田,2013年11月 .

10 清澤源弘 糖尿病に伴う神経眼科的所見」特別講演①「 2013,11,14 千葉市「第4回千葉市糖尿病内科眼科の会」

雑誌新聞取材など
1、緑内障 教えてDr.~その時どうする?~ (text 高田幸絵) ニッキンマネー 2013.1( No.88) 88-89P

2、この時季、気になるこの症状―雪眼炎 夕刊フジ2013年1月17日

3、目・まぶたに異常、これ何? 症状様々「眼瞼けいれん」 朝日新聞 、2013年1月22日

4、糖尿病網膜症 眼科で糖尿病宣告!?失明招く 網膜症、レーザー、手術 早期治療を 夕刊フジ 2013年1月29日号 18面

5、こころのセルフメンテナンス:眼をいたわろう わけもなくイライラするときは 目をいたわろう 監修 清澤源弘 笑顔 2013:2号 2013年01月18日 14-15p

6、0.08→1.5に視力回復法、オサーとって何?有名人が次々に挑戦 日刊ゲンダイ 2013年4月8日 5面 

7、、HSCディスカッション 正しい眼鏡処方で事例発表 眼鏡店との連携を紹介 眼鏡新聞7月1日 

8、広がるボツリヌス療法、微量の「毒素」を局所に注射 日本経済新聞2013年8月17日 11面

9,眼で見て不調のサインをチェックしよう 鏡を用意 体が健康のバロメーター「さわやか 2014年冬号 6-7p

10, 中高年にはデメリット多し 「レーシック手術」は老眼を早める 日刊ゲンダイ 2013年12月11日

11, 2013年11月13日 「カメラマン 亜 愛一郎の迷宮推理」「医学協力」番組クレジット掲載

進行中のプロトコール

◎片眼顔面痙攣にジャネッタ手術を受ける患者さんの術前と術後の脳局所糖代謝を調べるプロトコールを行っています。

◎網膜色素変性症の患者さんの脳代謝検査プロジェクトも始まっています。

◎2013年08月10日 「視神経炎の疾患感受性遺伝子検索」の研究 東京大学眼科蕪城講師との共同研究

◎2014 先天眼振に対する薬物療法の研究 (申請中)

ーーーーー
次年次分 2014 
英文原著

1. Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Mochizuki M, Ishiwata K, Oda K, Ishii K. Glucose hypermetabolism in the thalamus of patients with drug-induced blepharospasm. Neuroscience. 2014; in press.

発表および citable abstract邦文原著

1、小野田直子,小野木陽子,清澤源弘、心因性視覚障害を持つ小児への臨床心理的介入の試み、日本臨床眼科学会講演集 演題番号:金SP13-3 この論文は邦文原著も眼科臨床紀要にインプレスです。

2014 講演

1、清澤源弘 眼振とめまい 「第8回」横須賀市めまい研究会 2014、1,291、 清澤源弘 眼瞼痙攣・海外診療事情 眼瞼・片側顔面けいれん友の会 2014.3.1

2、「眼瞼痙攣患者へのボトックス注射はコントラスト感度、機能的視野スコア、機能的視野スコア、そして米国立眼研究所の視覚的機能質問表の得点を改善させる。 Junko KAMO1, Motohiro Kiyosawa, Senami Watanabe, Ryo Harada Botulinum A toxin injection to blepharospasm patients improve contrast sensitivity, Functional Field Score, and the National Eye Institute Visual Functioning Questionnaire – 25(VFQ-25) WOC e-poster

以下は今後の予定です

2, 清澤源弘 心因性視覚障害: 墨田区、江東区眼科医師会講演会 5月ころ

3, 清澤源弘 Botulinum A toxin injection to blepharospasm patients improve contrast sensitivity, Functional Field Score, and the National Eye Institute Visual Functioning Questionnaire – 25(VFQ-25) WOC e-poster  ボトックス治療と心療眼科研究会の合同学会 6月ころ

4. 清澤源弘 Glucose hypermetabolism in the thalamus of patients with drug-induced blepharospasm Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Mochizuki M, Ishiwata K, Oda K, Ishii K 7月 艮陵同窓会女子部会講演会

雑誌機構及び新聞取材
1、1、清澤源弘 眼振とめまい 「第8回」横須賀市めまい研究会 横須賀市医師会報3月号 p22

1、週刊アエラ(2014年2月17日号) 朝日新聞出版
対談「レーシックは安全か」対談者は、慶大医学部眼科の坪田一男教授と、清澤眼科院長の清澤源弘医師

2、「レーシック問題」トクダネ 2014年1月14日 オンエア フジテレビ

3、診療の予約時間は守られるべきものだようか? さざんか(江東区医師会報)投稿記事:準備中

Categorised in: 未分類