お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年5月5日

5420 人が入ると曇るトイレ 35秒で丸見えにの記事です。

 今日の目に関連の話題です。 大分市中心部の商店街がガラス張りの公衆トイレを設置したところ、人が入ると曇るトイレは35秒で丸見えになっていたという事がニュースになっています。

 そういえば当医院のトイレも、ドアを閉めると真っ暗でスイッチの位置がわからなかったり、一日中つけ放しにしたりと紆余曲折の末、一昨年の改造時に職員用と患者用のトイレの電気の点灯をこのセンサーにしてみました。

 大凡好評ですが、ちょっと動くとまた点灯いたしますけれど、人がいるのに室内の照明が消えてしまうことがあります。と言う訳で、自分の経験からも周りのガラスを曇りガラスとするスイッチにセンサーを使うのは基本的な間違いであったと思います。

高円寺駅の障碍者トイレは内側からやや長めの閉鎖ボタンになっていて、やや長めに設定された時間が過ぎると、外からの開扉スイッチが有効になるようです。たかがトイレの照明、されど大事なトイレです。
ーーーーーーーー
人が入ると曇るトイレ 35秒で丸見えに

 大分市中心部の商店街がガラス張りの公衆トイレを設置した。人が入るとセンサーが働いてガラスが曇り、中が見えなくなる。話題づくりで人を呼び込む狙いだったが、女性が中でじっとしているうちに透明に戻ってしまうトラブルが起き、波紋を広げている。

 高さと奥行きが約2メートル、幅約1メートルの箱型で、男女共用の1人用。洋式便器やおむつ交換台がある。設置した若草通り商店街協同組合によると、海外には先例があるが、国内の公衆トイレでは初という。

 問題になったのは、センサーが35秒間動きを感知しないと無人と判断し、ガラスを透明に戻す機能だ。2月中旬の設置後間もなく「気分の悪くなった女性が動けずにいたら、丸見えになった」と市民の指摘があった。このトラブルがテレビなどで取り上げられ、透明トイレはかえって注目を浴びたが、想定外の事態に組合側は急きょ、扉や内部に注意の張り紙をした。

 中で人が倒れても早く発見できるよう、35秒の設定はその後も変えていない。組合の榊原孝真副理事長は「少しの動きでも感知するので普通に使ってもらえば大丈夫。恥ずかしがらず、ぜひ」と呼び掛けた。

 [2014年5月3日8時46分 紙面から]
ーーーーーー

Categorised in: 未分類