お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年4月14日

5351 映画ブルージャスミンの話題です、

今日の映画の話題ではブルージャスミンをご紹介いたしましょう。ウッディー・アレンの監督作品です。週末の銀座に出かけたら街頭でその予告編が流れておりました。まずは予告編をご覧ください。

こちらは、破産してもなお金持ちの生活が忘れられず、前の旦那は外科医であったという嘘を重ねながら自己崩壊を起こして行くという馬鹿な女性のお話です。

公開日: 2014/02/19
ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞­台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。ニューヨークでセレブ生­活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越­し、再生しようとする過程で、彼女の過去や心の闇を浮き彫りにしていく。実業家である­夫をアレック・ボールドウィンが演じるほか、サリー・ホーキンスやピーター・サースガ­ードが共演。シリアスな展開と共に、ケイトの繊細な演技に引き込まれる。
配給: ロングライド

それだけでも面白い,公開が待ち遠しい、と思っておりましたら、この映画が今年のアカデミー賞を獲得することの最大の障害が、監督の私生活におけるスキャンダルであるという話をカリフォルニア在住の映画評論家がラジオで話していました。
こちらもやや長いですけれど良かったら聞いてみてください。親による子供への性的な虐待が1990年代に随分話題になったが、その多くは周りに吹き込まれた嘘の記憶であったという様な事も話されています。

Categorised in: 未分類