お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年4月3日

5315 羞明photophobiaの脳内機構での2つの入力機構

5315 羞明photophobiaの脳内機構での2つの入力機構

羞明では視覚刺激で体性感覚野が刺激されている。これに関連するものとしてひとでは、視床枕に三叉神経と体性感覚に反応する細胞がある。演者(堀口ら)が経験した、3例のまぶしさを感じない症例では、後頭葉腹側部に病変があった。羞明に関する異常で受診する患者を診察するときには視覚系と体性感覚系の両方を考えるのが良いだろう。

羞明の治療は?:
1)原因疾患に対する治療
2)遮光眼鏡(可視光線の一部を切るというだけでなぜ羞明が減るのか?)
遮光眼鏡で切るのはD65の標準的な高原のスペクトル波形を450nm辺りで抑えているとみてよい。440nm以下と500nm辺りの2峰性にしているとも言われる。このあたりの視物質はS錐体であろうか?それとも最近見つかったメラノプシンであろうか?メラノプシンは視細胞ではなくて、神経節細胞にあり最近まで視覚には関与しないとされていた。しかしこのメラノプシンは、羞明と関係があるかもしれない。

演者は4種以上の光を出す装置を作って実験を行ったという。その結果はメラノプシンが存在する周辺網膜では3種の視物質だけでなく第4番目のメラノプシンの関与を加えて考える必要があるという結論が得られた。(Horiguchi H PNAS 2013:Proc Natl Acad Sci U S A. 2013;110:E260-9. Epub 2012 Dec 19.Human trichromacy revisited.Horiguchi H, Winawer J, Dougherty RF, Wandell BA.)
(次の図は上記論文から概念を理解するために清澤が引用)
pnas_1214240110fig01

結論として:
羞明には視覚と体性感覚の両者が関与する。
疼痛(組織損傷)と羞明(光)は似ている。
疼痛と同様に週目エイでは、感情や認知によって影響を受ける。
つまり多元的な物であると言うことが出来る。
羞明は定量しがたい。そして動物実験では良く使われるネズミ(げっ歯類)において検討しにくいという2つの問題がある。

清澤のコメント
:羞明が光覚と痛覚の交差点にあるという程度は私も認識していましたが、今日も講演はそのあたりを詳しく解りやすく解説してくれておりました。眼瞼痙攣における羞明のFL40遮光眼鏡による緩和機序は波長特性で説明できたのでしょうか?

メラノプシンが視覚の感度に影響しているという話も、有力な雑誌への投稿であり重要なものです。しかし、メラノプシンが光に関する感受性をコントロールするという事らしいのです。

関連がありそうな我々の作品は以下の通りです。

1. Emoto H, Suzuki Y, Wakakura M, Horie C, Kiyosawa M, Mochizuki M, Kawasaki K, Oda K, Ishiwata K, Ishii K. Photophobia in essential blepharospasm – A positron emission tomographic study. Mov Disord, 2010; 25: 433-439.

2. Q and A:江本博文、江本有子、清澤源弘。光をまぶしく感じる羞明はなぜおこるのでしょうか?Clinical Neuroscience 別冊 2012;30:1316-1317.

Categorised in: 未分類