お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年3月30日

5298 配偶者控除を縮小・廃止しようという議論が浮上だそうです

無題
安倍首相「配偶者控除の見直し」を指示との記事があります。

妻が専業主婦の世帯の夫の所得税を軽減する配偶者控除を縮小・廃止しようという議論で、安倍首相が経済財政諮問会議・産業競争力会議で検討を指示したそうです。女性や高齢者の労働参加が進まないと、日本の労働力人口は2060年には4000万人を切る。女性の就労を促しないと、日本の成長力が落ちる。有識者メンバーは当面の重要課題として、配偶者控除の縮小・廃止を求めている。

女性の所得に関しては、就労を抑制する「三つの壁」がある。第1が配偶者控除の「103万円」の壁。会社員の夫の配偶者控除は、妻が働いても、その年収が103万円以下なら妻に所得税はかからない。さらに、103万円を超えて妻に所得税が課税されても、141万円未満なら夫の所得税の配偶者特別控除があり、「141万円」の壁となる。妻の年収が130万円以上になると、夫の扶養から外れ、妻自身が健康保険や社会保険料を納めなければならず、これが「130万円」の壁をなす。

清澤のコメント:
雇用する側としては、勤務時間は多くても少なくても時給計算ですから構わないのですが、年末の12月になって許容される時間がもう残って無いのでこれ以上は出勤できないという非常勤職員が重なるのは業務遂行上の大きな障害となります。とすると、この控除については壁が無いほうが有り難いという事になります。少なくとも所得税の様に課税の累進性が保たれていればよいわけです。

ーーーーー2014/3/30 J-CASTニュースから:引用ーー

妻が専業主婦の世帯の夫の所得税を軽減する配偶者控除を縮小・廃止しようという議論が浮上している。安倍晋三首相が2014年3月19日、政府の経済財政諮問会議・産業競争力会議の合同会議で検討を指示した。

背景には、人口減への危機感

合同会議は、女性が働きやすい環境の整備や少子化対策などを議論するために開かれた。この場で安倍首相は「女性の就労拡大を抑制する効果をもたらす税・社会保障制度の見直しや働き方に中立的な制度について検討を行ってもらいたい」と述べた。

女性の就労問題が注目される背景には、人口減への危機感がある。政府の推計では、女性や高齢者の労働参加が進まないと、現在約6600万人の日本の労働力人口は2060年には4000万人を切る。子育てなどの制約で働けない女性の就労を促し、能力を十分に発揮してもらわないと、日本の成長力が落ちてしまうのだ。

伊藤元重東大教授ら有識者メンバー4人は「50年後も1億人程度の人口規模を維持する」との目標を掲げ、対策を提示。当面の重要課題として、正規・非正規労働者の格差是正、待機児童解消、労働時間の短縮などと並ぶ大きな柱として「配偶者控除の是正」つまり同控除の縮小・廃止を求めている。

所得に関して、女性の就労を抑制する「三つの壁」があると指摘されて久しい。

第1が配偶者控除の「103万円」の壁だ。会社員の夫と専業主婦の妻の世帯では、夫の所得のうち課税対象になる分から38万円控除し、その分、所得税が少なくなるのが配偶者控除だが、妻がパートなどで働いても、その年収が103万円以下なら妻に所得税はかからない。このため、103万円を超えないよう勤務をセーブする人も多い。

さらに、103万円を超えて妻に所得税が課税されても、141万円未満なら夫の所得税が一定程度減税される配偶者特別控除があり、これが「141万円」の壁になる。

もう一つ、妻の年収が130万円以上になると、夫の扶養から外れ、妻自身が健康保険や公的年金の社会保険料を納めなければならず、中途半端に収入が増えても手取りがかえって減ってしまう逆転現象も発生する。これが「130万円」の壁だ。
ーーーーーー

Categorised in: 未分類