お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年3月15日

5259 どろ賢経営 町の歯科医からアジアの歯科医、そして世界へ:を読みました

どろ賢経営 町の歯科医からアジアの歯科医、そして世界へ:川本真 著
book_kaiseikai
「大人になる為に子ども時代や夢がある」
とある歯科医の半生記、奇跡の歯科医経営

グループ年商11億、アジア展開をも睨む千葉県有数の医療集団を創り上げた川本真理事長の極意を伝える1冊。自らの半生を振り返りながら、海星会十カ条を始めとする経営ノウハウ、医師として大切なこと、人として大切なこと、
自らが現場で体感、実践、指導してきたことをあますことなく披露する。
歯科業界だけでなく、経営に携わるすべての人を成功に導く指南書。

「大人になる為に子ども時代や夢がある」とある歯科医の半生記、奇跡の歯科医経営~カンボジアへ展開中!!

出版社: カナリア書房 発売日: 2014/3/5

清澤のコメント:
開業医と言えば気楽な商売と思われる方も多いでしょうけれど、様々な患者さんの思いをどう受け止め、従業員をどう励まし、そして自分の心もささくれ立たぬ様にどう舵を切ってゆくか?と言うのは一筋縄では行かぬところです。

この本は、付き合いのある保険外交員さんがどこで入手して見えたのか?著者のサイン付の一冊を「ご興味がありそうと思って」と私に御恵贈くださったものです。行き掛かりで読み始めたのですが、職場への往復の電車内で一気に終りまで読んでしまいました。経歴を拝見すると、私より大分若い方ですが、大学の廊下でですれ違ったことが有ったかもしれません。

短い書評です:5つ星のうち 4.0

個人開業医を目指すなら読んで損はない 2014/3/15

人に勧められて一気に読みました。
 大学を出て歯科医の道へ。一流の大学ではあるが、彼の研修歴はそんなに長くない。そこで開業して何を武器に患者さんに喜んでいただくことが出来るか?そこから彼の冒険は始まっています。2階のデンタルオフィスの窓を開けたら隣のデンタルオフィスの窓が見えるという現在、人を雇い、組織を拡充して、海外にまでその枝を伸ばすというその心意気や買うべし。今後の展望では「人事がとても大切なpointになりつつある。早急に人事部を作って組織改革を行う予定だ。というか行っている最中である。」とのこと。医療の経営が厳しい中、強力に職員をリードしている著者の言葉には、はるかに小さいとはいえ同じ医療法人を預かる身として参考になる記述が多い。

巻頭に示された 海星会10か条 です

1) 叱らぬは鬼、叱って初めて自分の愚かさを知る。教えぬは鬼。教えて初めて自分の無知を知る。

2) 困難は、逃げれば倍になって追ってくる。立ち向かえば半分に減り、いずれそれは姿を消す。

3) なんとなく仕事をするな。なんとなく遊ぶな。人の倍、3倍働け。
仕事が終わったら人の3倍遊べ、楽しめ。

4) 嫌なこと、面倒くさいこと、大変なことをするのが仕事。一心不乱にそれをこなせば、
それはいずれ楽しみになる。

5) 患者様に興味をもて。患者様を好きになれ。患者様を愛せよ。医院に興味を持て。
医院を好きになれ。医院を愛せよ。

6) 医院が何をしてくれるのではなく、医院が何が出来るかを考えよ。

7) 医療はサービス業。ファーストクラス、一流ホテル並みのサービスを目指せ。笑顔を忘れるな。

8) 今の時代、ちゃんと働く、しっかりと働くくらいではダメ。ガンガン働き、バリバリ仕事せよ。

9) 不平不満を言うな。語るなら、夢、愛、希望を語れ。

10) 人のあら探しをするな。人を批判するな。その時間を自己を研き高める時間に変えよ。
ーー
当医院でも職員にはこのように指導したいところではあります。

質問:海外にまで枝を伸ばすとはどういうこと?
読むと書いてあるのですが、彼の企業は歯科医院のネットにはとどまりません。ハワイの入れ歯を作る工房を買収し、国内よりも安く良質な入歯などの歯科材料をそこで作ることも行っているそうです。関連した業界に発展しているようです。

Categorised in: 未分類