お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年3月10日

5242 ウンザリな自慢話への正しい対応:だそうです

ウンザリな自慢話への正しい対応

マイナビスチューデントからの引用です。年を取るとこうなるのですよ。十分に注意いたしましょう。

同じことの繰り返し! うんざりしてしまう自慢話「よくナンパされる」「ミスコンに選ばれた」

ざっくり言うと

二度と聞きたくない自慢話への、正しい対応を紹介している
「聞き流す」、「適当にあいづちを打つ」などが大人の対応だという
面倒だと思いつつ、欲しがっている言葉をかける、という人もいるとのこと

ーーー記事の引用ですーーーーー
http://news.livedoor.com/article/detail/8613678/

同じことの繰り返し! うんざりしてしまう自慢話「よくナンパされる」「ミスコンに選ばれた」
写真拡大

どうでもいい自慢話ほど、何度も繰り返されるもの。本人に悪気はないのかもしれませんが、聞いている方はうんざりしますよね。なかには「それって自慢なの?」と思えるようなネタも……。今回は、二度と聞きたくない自慢話について、社会人に聞いてみました。

■ケンカ上等!? 過去の武勇伝
「昔不良だったという知り合いの武勇伝」(女性/31歳/医療・福祉)
「職場の先輩の話で、昔はブイブイ言わせていたとか、髪型がすごかったとかの武勇伝」(男性/28歳/運輸・倉庫)
「若い頃の武勇伝を父の友人から聞かされたが、うんざりしたし、内容も薄くてサッパリ覚えていない」(男性/34歳/自営業)

武勇伝の中には、ちょっと疑わしい人もいますよね。ホントにそんなに強かったの? 青春の甘酸っぱい思い出でしょうか。

■モテすぎて困っちゃう~自慢
「かわいくないけど誰とでも寝るタイプの後輩から、モテる(よくナンパされる)自慢をされる」(女性/23歳/アパレル・繊維)
「女友達から、異性からもてるというエピソードを延々と聞かされた」(女性/25歳/商社・卸)
「合コンの席で友達の友達から、今までこれだけモテたという経歴やエピソードを聞かされた」(男性/36歳/団体・公益法人・官公庁)

異性にちやほやされて気分がよくなり、それを人に自慢してまた気分がよくなる。一粒で二度おいしいのは、残念ながら本人だけです。周囲はウンザリしちゃいますよね。

■地獄の沙汰も金しだい!? お金と権力自慢
「上司が飲み会でする、バブル時代の豪遊エピソード」(女性/27歳/情報・IT)
「昔の同僚が年収の自慢をしてきた。しかも、結婚式の招待状を渡しながら」(女性/32歳/その他)
「知り合いが自分の娘は医者と『結婚したのよ』と言っていた」(女性/33歳/その他)

そんなにお金があるなら「おごってよ!」と言いたくなりますよね。自慢話を聞いてほしかったら、お金ちょーだい!

■忘れられない過去の栄光自慢
「高校のミスに選ばれたという祖母の自慢」(女性/26歳/金融・証券)
「上司がする、数年前に溺れている人を助けて、表彰されたという話。一度ならいいけれど、酔うといつもその話」(男性/31歳/学校・教育関連)

これはちょっと許してあげたい。溺れる人を助けるなんて、誰にでもできることではないですよ! かわいいおばあさまには、「わたしもおばあちゃんみたいになりた~い」とリップサービスを。おばあちゃん孝行だと思って……。

みなさん、うんざりするような自慢話を聞かさているようですね。こんなときは、一体どうしたらいいの?

■これぞ大人の対応!
「適当に聞いているフリをしている」(女性/30歳/機械・精密機器)
「面倒だと思ったけど、ほしがっている言葉をかけておいた」(女性/31歳/医療・福祉)
「うらやましいねーなどと言って、聞き流した」(女性/28歳/医薬品・化粧品)

「聞き流す」「適当にあいづちを打つ」「笑顔で受け流す」など、圧倒的多数の人が大人な対応。相手が職場の人だったり、友達だったりすると、指摘してイザコザを起こすよりも無難におさえておきたいのが本音ですよね。

どうでもいい自慢を繰り返す人の姿を見ると、「自分はこんな風にはなるまい」と反面教師になります。人のふり見てなんとやら。大人な対応ができるあなたはステキですよ!

文・OFFICE-SANGA 相羽亜季実

Categorised in: 未分類