お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年2月18日

5186  研究科年報2013年度、神経眼科研究班関連分原稿です 

 東京医科歯科大学研究科年報2013年、眼科の神経眼科研究班関連分です 

原著
1. Murai H, Suzuki Y, Kiyosawa M, Tokumaru AM, Ishii K, Mochizuki M. Positive correlation between the degree of visual field defect and optic radiation damage in glaucoma patients. Jpn J Ophthalmol. 2013; 57: 257-262.

2. Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Ishiwata K, Oda K, Ishii K. A patients with hemidystonia and blepharospasm following traumatic injury. Journal of Neurology & Neurophysiology. 2013; 4: 153. doi:10.4172/2155-9562.1000153

3. Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Mochizuki M, Ishiwata K, Oda K, Ishii K. Glucose hypermetabolism in the thalamus of patients with drug-induced blepharospasm. Neuroscience. 2014; in press.

著書
江本有子,江本博文.内斜視(両内直筋後転,前後転).イラスト眼科手術シリーズIV 斜視手術.pp.26-26. 若倉雅登 (監修) .金原出版 2013.

江本博文,清澤源弘.視力障害/視野障害(物がみえにくい) Visual disturbance, and visual field loss. pp.103-104. 神経・精神疾患診療マニュアルIV 神経・精神症候からのアプローチ~主要神経・精神症候と鑑別診断~.北川泰久,寺本明,三村将(監修).南山堂 2013.

江本博文.眼瞼けいれん.pp.63-66.目の解剖と病気.((眼科ケア2013年冬季増刊).眼科ケア編集委員会.メディカ出版 2013.

学会発表
1. 大野直則、村井秀樹、鈴木幸久、徳丸阿耶、石井賢二、清澤源弘、望月 學、網膜色素変性症患者における視放線軸索密度の変化、第117回日本眼科学会総会、2013.4.4-7、東京

2. 鈴木幸久、糖尿病網膜症の管理と治療、糖尿病合併症検討会、2013.6.13、静岡県清水町

3. 鈴木幸久、清澤源弘、若倉雅登、望月 學、石井賢二、眼瞼痙攣患者にみられた体性感覚運動野の灰白質密度増加、第28回東京医科歯科大学眼科学教室同門会集談会、平成24年大塚任・所敬学術奨励賞受賞者記念講演、2013.7.15、東京

4、神作明裕,江本博文,江本有子,清澤源弘.シャルル・ボネ症候群の視力良好例.第51回日本神経眼科学会総会,秋田,2013年11月.

5、西山友貴,江本博文,内田亜梨紗,宮後宏美,倉田あゆみ,佐藤友光子,説田雅子,清澤源弘.眼振のない動揺視の一例.第51回日本神経眼科学会総会,秋田,2013年11月 .

新聞および一般紙
1、わけもなくイライラするときは 目をいたわろう (監修:清澤源弘) 笑顔2013.2号 p14-15

2. 目・まぶたに異常、これ何? 症状様々「眼瞼けいれん」  朝日新聞 (本紙取材記事)1月22日 (http://apital.asahi.com/article/iryou/2013012200006.html)

3.《この時季、気になるこの症状―雪眼炎》夕刊フジ2013年1月16日

4、糖尿病網膜症 眼科で糖尿病宣告!?失明招く 網膜症レーザー、手術 早期治療を、 夕刊フジ本誌 2013年01月28日

(もう少し追加があるかもしれません)

以下2014年度   

Categorised in: 未分類