お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年1月30日

5129 新たな万能細胞発見のニュースです。

無題
新たな万能細胞発見のニュースです。ネイチャーの表紙を飾ったというのですからおそらく本物でしょう。
 それにしてもこの研究者の若さに驚きます。長いこと研究をしていれば研究が進むというものでもないということを体現するような若さです。そして、おばあちゃんから譲られたという割烹着がかっこいい!

 小保方さんのこれからの発展に期待いたします。しかし、細胞というものが、無秩序に増殖するのを防ぐ自然の機構がどんどんドアを開けられてゆくのに、怖さを感じないわけでもありません。
無題
ーー新聞記事ですーーーー

iPS細胞に続く万能細胞を発見 読売新聞

STAP細胞について発表する小保方晴子・理研ユニットリーダー(左)と共同研究者の若山照彦・山梨大教授=枡田直也撮影

ざっくり言うと

国際研究グループが30日、iPS細胞に続く万能細胞を発見したと発表した
STAP細胞と命名し、作製はiPS細胞よりも簡単で効率が良いという
iPSの課題であるガン化のリスクも低く再生医療への応用も視野に研究を進める

ーーーーー
以下にSTAP細胞生んだ2つの「型破り」(真相深層) という記事の要点を再録します。この記事を見たとき、先日のガセネタが流布した時のような際物記事ではないのか?と一瞬目を疑いました。この記事はそれに対する答えにもなっています。

ーー引用開始ーー
 理化学研究所などが新しい「万能細胞」を作り出した。普通の細胞を弱酸性の液体に浸すだけで、iPS細胞のように様々な臓器や組織に育つ。専門家が驚く「STAP(スタップ)細胞」を生んだのは、博士号を取って3年という30歳の女性研究者だ。その背景には、先入観のない柔軟な発想と、若手を抜てきする理研の風土という2つの「型破り」があった。ーー中略ーー
 「25年近く生命科学の研究をしてきたが、こんなすごい成果は初めてだ」。万能細胞研究の第一人者、理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長は驚きを隠せない。理研の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダーらの成果に対し、国内外の専門家は一様に驚いた。

■現象ありのままに解釈

 最大の驚きは、動物の細胞を刺激すれば万能細胞になると証明したことだ。生物の中で最も高等とされる哺乳類では、受精卵が分裂を繰り返して神経や筋肉、心臓などの細胞になり、体のあらゆる組織や臓器を作る。いったん役割が決まった細胞が若返って受精卵のようになることは絶対にないと考えられてきた。

 細胞の時計の針を巻き戻す「初期化」を実現したのがiPS細胞だ。京都大学の山中伸弥教授らは複数の遺伝子を組み込むことで作り出した。これに対し、STAP細胞は細胞の中身に直接は手を加えない。外部から刺激を加えることで、普通の細胞がひとりでに万能細胞に変わる。

 刺激を与えて万能細胞を作るという発想は2008年、理研に採用される前にいた米ハーバード大学で浮かんだ。事故や病気で失った機能を取り戻す再生医療に使う幹細胞と呼ぶ細胞を研究していたときだ。幹細胞は万能ではないが、いくつかの臓器や組織に育つ。

 幹細胞を細い管に通して選別する作業中にあることに気づいた。選別前の細胞には幹細胞が存在しないのに管に通すと現れる。「管を通すという刺激でできたのではないか」。生物学の常識からは型破りの発想は生まれない。目の前の現象をありのままに解釈した。

 弱酸性の液体につけたり、毒を与えたりなど様々な刺激を細胞に与えると、STAP細胞ができた。笹井副センター長は「生物学に対する先入観がなく、データを信じて独自の考えを持ったことが大きい」と分析する。

 もう1つの型破りは、独創性のある若手を見いだして自由に研究させたことだ。序列を重視する大学では、20~30歳代の若手が教授ポストに就くことは極めてまれだ。採用の場合、有名科学誌に論文がどれだけ掲載されたかといった実績が問われる。小保方リーダーに大きな実績はなかったが、所属する発生・再生科学総合研究センターは発想のおもしろさにかけた。

■若手抜てきの風土

 同センターには若手を抜てきする風土がある。ーー中略ーー他のリーダーも30歳代前半で採用されることが多い。再生医療の一大研究拠点で、研究資金が大学に比べて多いこともあるだろう。ーーー

 画期的な成果だが、すぐに再生医療への応用につながるわけではない。まず、誰が実験しても同じ結果になるのか検証しなければならない。いろいろな臓器の細胞からでもできるのかも調べる必要がある。

 次の焦点は人間の細胞を使っても成功するのかだ。マウスで成功したからといって、人間でも同じ仕組みで皮膚などの細胞が万能細胞になるかは分からないからだ。できたSTAP細胞が本当に安全なのかなど確かめるべき課題はまだ多い。

 今後、人間の細胞でSTAP細胞を作る競争が世界で始まる。

(大阪経済部 新井重徳)
ーーーーー
清澤のコメント:これは細胞生物学の研究が面白いことになってきた予感がします。

Categorised in: 未分類