お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年1月19日

5112 バルサルバ網膜症とは Valsalva Retinopathy

バルサルバ網膜症 (Valsalva Retinopathy) (著者 Robert S Duszak) (出典

バルサルバ網膜症は、「胸腔内圧の急増に続発しておきる前網膜出血を特徴とするで特別な形の網膜症」としてトマス・デュアン(#1)によって1972年に最初に記載されていました。バルサルバ手技(#2)にひき続いて、眼内の静脈圧中の急激な上昇によって網膜毛細血管は自然に破裂します。ヴァルサルバ網膜症の予後は、回復時間を促進する新しい治療法によって、一般によい。下の画像を参照してください。

1189694-1228106-1263tn18歳の男性がバルサルバ手技のあと24時間未満でヴァルサルバ網膜症を呈した。ヴァルサルバ網膜症の大きな網膜前出血に注意。

1189694-1228106-1264tn
同じ患者の4か月後の経過観察では、上の画像のように大きな網膜前出血は吸収されました。引き伸ばされた内境界膜の境界線の端にある吸収されつある出血に注意。視力は1,0まで戻りました。

#1:トマス・デュアンはウイルズアイホスピタルの病院長を務めていました。From 1973 until 1981, Dr. Duane was Wills’ ophthalmologist-in-chief.

#2:バルサルバ効果(バルサルバこうか、英:Valsalva maneuver)とは、いきむ(息む)動作で呼吸が止まり、筋緊張が起こることで普段より筋力が発揮できる生理的な現象。イタリアの解剖学者、
330px-Valsalva_Portraitアントニオ・マリア・バルサルバ (Antonio Maria Valsalva, 1666 – 1723) が使ったことから名付けられた。バルサルバ手技

ーーーーー
清澤のコメント:
 バルサルバ網膜症は、平形先生の眼外傷の講義の中で紹介された疾患です。一項目としてまとめて置こうとここに代表的な例の提示を邦訳し加筆してみました。
 そういえば先日このような形の網膜前出血の患者さんを見ていました。その症例での原因は明らかではありませんでしたが、工事関係の職種の人でしたからもしかすると重量物を持ち上げたようなきっかけがあったのかもしれません。

Categorised in: 未分類