お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2014年1月11日

5085 患者の術前喫煙、術後合併症増

XLargeThumb_00000658-201401000-00000_CV
眼科のお話ではありませんけれど、患者の術前喫煙歴が術後の合併症を増しているという外科での統計のお話がネットに出ていました。107文献の9354例のメタアナリシスだそうです。私も、伝聞記事だけではなく、一応は元記事に戻って確認し、数字を補ってあります。
沢山のたばこを吸うひとでは、総称合併症が増えるなど、やはり健康には良くないということでしょう。

ーーーーー
患者の術前喫煙、術後合併症増 2014年01月06日

文献:Grønkjær M et al.Preoperative Smoking Status and Postoperative Complications: A Systematic Review and Meta-analysis. Ann Surg. 2014;259:52-71. (⇒原文にリンク

 文献107件を対象として系統的レビューを行い、患者の術前喫煙状態と術後合併症の関連を検証。術前の喫煙は、
全体的罹患率、(RR = 1.52, 95% CI: 1.33–1.74),
創傷合併症、(RR = 2.15, 95% CI: 1.87–2.49),
全身感染、 (RR = 1.54, 95% CI: 1.32–1.79),
肺合併症、(RR = 1.73, 95% CI: 1.35–2.23),
神経学的合併症、 (RR = 1.38, 95% CI: 1.01–1.88),
集中治療室入院 (RR = 1.60, 95% CI: 1.14–2.25).
など、様々な術後合併症のリスク増大と関連した
。術後死亡率、心血管系合併症、出血、吻合部縫合不全、または同種移植の拒絶反応に関しては、術前の喫煙状態との関連は認められなかった。
ーーーーーー

Categorised in: 未分類